2年目のカローラスポーツに設定された特別仕様車が「超々お買い得」なワケ【新車】

HYBRID GZ

■エクステリア・インテリアとも、ほぼ最上級グレード同等の装備

2018年6月の発売以来、カローラのイメージを変え続けているカローラスポーツ。新色追加などの商品改良と合わせて特別仕様車が登場しました。

トヨタ初のコネクティッドカーとして誕生した新世代ベーシック「カローラスポーツ」は、まさしくクルマの中心といわれるCセグメント(VWゴルフやMAZDA3などが属するカテゴリー)ど真ん中の一台。

パワートレインは1.2L直噴ターボと1.8Lハイブリッドの2種類で、1.2LターボのほうではFFと4WDを選ぶことができ、さらにFFにはオートマのほか6速MTも設定されていて「カローラスポーツ」という名前にふさわしいラインナップとなっています。

まず新色追加の話題から。

ボディカラーにグレーメタリックとプラチナホワイトパールマイカ(従来のホワイトパールクリスタルシャインから変更)の2色が加わり、さらにアティチュードブラックマイカと組み合わせたツートーン仕様も設定されています。とくにプラチナホワイトとブラックルーフの組み合わせは、写真で見る限りこれまでの国産車にはない上品な雰囲気のハッチバックに仕上がっています。

上級グレードのG“Z”、HYBRID G“Z”の全車に前席シートヒーターが標準装備となっているのも仕様変更のポイントです。また、G、HYBRID Gでメーカーオプションの本革+メランジ調ファブリックシートを選んだ場合もシートヒーターが装備されます。

2tonecolor
アティチュードブラックマイカ×グレーメタリック、アティチュードブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカのツートーンはG、G“Z”、HYBRID G、HYBRID G“Z”に設定

注目は、ターボエンジンのG、ハイブリッドのHYBRID Gをベースとした特別仕様車「Style Package」です。

ベース車に対して、Bi-Beam LEDヘッドランプ、LEDデイライト、LEDフロントフォグランプという上級グレード相当の燈火類を与え、フロントロアグリルのフレーム部にサテンクロムメッキを加えたことで、真正面からのフロントマスクはほぼG“Z”、HYBRID G“Z”と同じ仕様となっているのです。

リアバンパーにマフラーフィニシャーを思わせるクロムメッキ加飾が備わっているのも同様です。

レザテック®と合成皮革を組み合わせたブラックの専用シート表皮を採用したスポーティシート
レザテック®と合成皮革を組み合わせたブラックの専用シート表皮を採用したスポーティシートをStyle Packageに採用

インテリアでは、ベース車が4.2インチマルチインフォメーションディスプレイなのに対して、大型の7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを持つオプティトロンメーターとなっています。これも上級グレードと同じ装備です。

シートは、革の風合いを持つレザテック(ファブリック生地)と合成皮革を組み合わせた専用スポーティシートとなっていますが、レザーステアリングなどが標準装備されていますので、座ってしまえば、ほぼ最上級グレードといった雰囲気のコクピットに仕上がっているのです。

足元は、最上級グレードのG“Z”、HYBRID G“Z”が18インチアルミホイールなのに対して、Style Packageはベース車と同様の16インチアルミホイールですが、ブラック塗装とすることでベース車とは異なる雰囲気を出しています。

カローラ スポーツ 特別仕様車 HYBRID G“Style Package”<オプション装着車>
カローラ スポーツ 特別仕様車 HYBRID G“Style Package” メーカー希望小売価格
244万円~276万円

特別仕様車Style Packageのメーカー希望小売価格は1.2Lターボの6MT・FFが244万円、CVT・FFが248万5000円、CVT・4WDが268万3000円、そしてハイブリッドが276万円となっています。これはベースグレードの10万円アップとなるもので、グレードアップされた燈火類や7インチ液晶を使ったメーターといった装備を考えただけでもバーゲン価格といえるもの。

デビューから2年ですから、こうしたお買い得な特別仕様車が出てくるタイミングではありますが、カローラスポーツを狙っているユーザーには見逃せない仕様といえそうです。

HYBRID G Style Package
高精細の7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを特別装備

(山本晋也)

『トヨタ・カローラ』の最新記事
トヨタ・カローラ クロスを世界初公開!世界戦略のコンパクトSUVをタイで発表!!
カローラスポーツが初代「レビン」風に変身!? TOM’Sから車検対応オーバーフェンダー登場
カローラ スポーツに特別仕様車“Style Package”が設定。一部改良も実施【新車】
たった500台のためにそこまでやる!? 2リッターエンジンを積んだカローラツーリングの限定車が攻めてる理由
トヨタ カローラツーリング
カローラ初の2.0L「ダイナミックフォースエンジン」を搭載した「“2000 Limited”」がツーリングに設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事