新型GRヤリスのラインナップを発表。トップモデルは1.6Lターボ+スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を採用【新車】

GRヤリス

■日本向け仕様は「RZ」「RZ “High-performance”」「RC」「RS」

すでに街中を走り始めているトヨタの新型ヤリス。車名こそ同じすが、新型GRヤリスは日常使いに最適なコンパクトカーというキャラクターに加えて、刺激的な走りが楽しめるホットハッチという付加価値が用意されています。

GRヤリス
GRヤリス「RS(プロトタイプ)」のエクステリア

以前から456万円という先行予約モデルのファースト・エディションでも話題を集めたGRヤリス。2020年6月2日に、日本向けとなるGRヤリスの全モデルが発表されました。

すでにウェブで予約が開始されているGRヤリス。現在すでに日本と欧州で約6,000台の先行予約を集めているそうです。日本国内では「RZ」に加えて、研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめる「RS」、競技ベース用の「RC」がラインナップされ、2020年9月頃の発売が予定されています。

■カローラスポーツでもお馴染みの6速マニュアルトランスミッションの「iMT」を搭載

GRヤリスは「TOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)」で培われた、「WRCで競争力あるクルマづくり」や開発初期からの社外プロドライバーによる評価により、世界のどんな道で思い通りに操作可能で、「誰もが安心して意のままに運転できる」というコンセプトを掲げています。

GRヤリス
「RS」プロトタイプ。写真は「プレシャスブラックパール」装着車

具体的には、アッパーボディにアルミ素材のエンジンフード、バックドア、ドアパネルが採用されたのをはじめ、形状自由度の高いSMC(Sheet Molding Compound)工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルが使われています。これらにより、軽量化を図りながら、優れた空力性能を示す強固な3ドアタイプのキャビンを実現しているそう。

GR ヤリス
RZ“First Edition”のマーブル柄カーボンルーフ

生産は、数々のスポーツモデルを造り込んできた豊田市の元町工場に専用ラインの“GR FACTORY”が新設され、「匠」の技能を有する従業員が組み立て準備を推進中です。

日本仕様の3グレードをチェックします。高出力モデルで意のままのハンドリング性能を謳う「RZ」には、新開発の小型軽量ハイパワー1.6L直列3気筒直噴ターボエンジンが搭載されます。駆動方式は、多板クラッチによる前後駆動力可変システムが採用された新開発のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を用意。

GRヤリス
GRヤリス「RS」のインパネ

組み合わされるトランスミッションは6速の「iMT」で、自動で回転合わせが行われる「インテリジェントマニュアルトランスミッション」になります。「High performance」の足元には、BBS製の鍛造アルミホイール、ミシュラン製「Pilot Sport 4S」ラジアルタイヤ、前後トルセンLSDが用意されます。

GRヤリス
「RS」に用意されるスポーツシート

GRヤリスのスポーツ性能を気軽に楽しめる「RS」には、1.5Lの直列3気筒ダイナミックフォースエンジンが積まれていて、組み合わされるトランスミッションは発進用ギヤが付き、低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現するDirect Shift-CVTを用意。さらに、マニュアル感覚のシフト操作が可能な10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトも備わります。

競技ベース用の「RC」には「RZ」と同様に1.6Lの直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載。駆動方式は、スポーツ4WDシステムの「GR-FOUR」で、6MTは先述したiMTが採用されます。さらに、競技ベース用らしく走りに必要な装備以外を極力排除した軽量モデル(DAレスなど)に仕上げられています。

GRヤリス
「RZ」のフィルム調カーボンルーフ

日本国内で先行ウェブ予約が開始されている限定の特別仕様車「RZ“High-performance・First Edition(456万円)」と特別仕様車の「RZ“First Edition”(396万円)」は、6月30日(火)までの受付期間になっています。先行予約限定モデルではマットブラック塗装の仕様が用意されています。

GRヤリス
RZ“First Edition”のモリゾウサイン

さらに今回「マーブル柄カーボンルーフ」「エモーショナルカラー プレミアムスポーツシート」をメーカーオプションとして設定。また、「モリゾウサイン」が入ったウインドシールドガラスも特別装備されます。

先行予約をした顧客は指定の販売店で7月中に商談をして、成約後は予約順に優先的な生産が予定されています。

GRヤリスのボディサイズは、全長3995×全幅1805×全高1455mm。1.6ターボを積む「RZ」「RC」のエンジンスペックは、200kW(272PS)/370Nm。スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”が搭載され、タイヤサイズは225/40ZR18。

1.5L直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを積む「RS」は、88kW(120PS)/145Nmというアウトプットで、駆動方式はFF。タイヤサイズは225/40R18です。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ 2000GT
今度はあのトヨタ 2000GT。A70/A80スープラに続いて補給部品を復刻へ
トヨタ・スペイド
トヨタ・ポルテ/スペイドに「パーキングサポートブレーキ」が加わった特別仕様車が登場【新車】
トヨタ
高齢ドライバーなどのペダル踏み間違いを防止!急加速事故を抑制する後付けシステム「踏み間違い加速抑制システムⅡ」をトヨタが発売開始
トヨタ ライズと生田ちむさん
売れまくりの「トヨタ ライズ」をレースクイーンの生田ちむちゃんとチェック!
トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーに市販8インチカーナビが装着できる取り付けキットが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事