新型コロナウィルスの影響か?SUVの人気モデル旧型ハリアー中古車相場がモデルチェンジ前に大変化!【中古車】

■安定傾向から一転してわずか2カ月で平均価格で10万円以上の値落ち

2020年4月13日、国産SUVの中でも抜群のブランド力を誇る人気モデル、トヨタハリアーが約6年半振りにフルモデルチェンジを行いました。

ハリアー外観02
新型ハリアーのフロントスタイル

新型ハリアーはクルマの骨格となるプラットフォームにTNGAプラットフォーム(GA-K)を採用し、ボディの高剛性化・低重心化を実現。ワイド&ローの外観デザインは流麗なクーペフォルムを採用しました。搭載されているパワートレインは先代に設定されていたターボエンジンは廃止され、高熱効率の2.5L直4ダイナミックフォースエンジン+モーターのハイブリッド。そして2L直4ダイナミックフォースエンジンの2種類。駆動方式は全車に2WD(FF)と4WDが用意されています。

ハリアー外観03
旧型ハリアーのフロントスタイル

フルモデルチェンジを行うと、活発に動くのが中古車相場。そこで、早速旧型となったハリアーの中古車事情を調べてみました。現在、旧型ハリアーの中古車の流通台数は約2790台。2020年1月の時点では約2900台あったので、緩やかな減少傾向となっています。

ハリアー外観04
旧型ハリアーのリアスタイル

流通している中古車の走行距離は3カ月前の時点が約2万9000kmで、今月もほぼ同じ約2万9000kmと横這いで推移しています。そして注目は平均価格の推移です。3カ月前の2020年1月の時点では約273万円でした。その後2月の中旬までは横這いで推移していたのですが、コロナウィルスの感染が拡大した3月上旬から値落ち傾向となり現在は約260万円まで値落ちしています。

通常、3月は1年を通じて中古車が最も売れる大需要期。ハリアーほどの人気車ならば、最低でも横這いで値上がりしていても不思議ではないのですが、わずか2カ月で13万円の値落ちを記録しています。

ハリアー内装01
旧型ハリアーのインパネ

1年前の2019年5月時点の平均価格が約275.9万円でしたから、多少の上げ下げはあったものの2020年1月までわずか2万円の値落ちで収まっていたのにも関わらず、3月から4月にかけて13万円の値落ちはハリアーとしては暴落とも言える値落ちとなっています。

『トヨタ・ハリアー』の最新記事
ハリアー街中試乗
新型ハリアーに求めるものは快適性か軽快感か? 清水和夫はどっち??【SYE_X】
新型ハリアーが挑んだ、デザインと使い勝手が両立する「ギリギリのライン」【新型ハリアー公道試乗】
ハリアー試乗
都会派SUVの先駆車・ハリアーは、さらに磨きをかけたスタイリッシュさがステキ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事