トヨタ ハイラックスに極悪仕様!? ヴァルトが最新カスタム「ブラックバイソン エディション」を公開

■圧倒する威圧感。インスタ映え間違いなしのボディキット

日本を代表する過激チューナー「Wald International」(ヴァルド インターナショナル)は、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」を強面にカスタムした「ブラックバイソン エディション」を初公開しました。

ヴァルド ハイラックス_005
ヴァルド ハイラックス ブラックバイソン エディション

公開された最新カスタムは、カーボンファイバー製ワイドフェンダー、オールテレーンタイヤを装着、ボンネットのエアスクープカバーは威圧感がすごく、インスタ映え間違いなしのエクステリアです。

ヴァルド ハイラックス_005
ヴァルド ハイラックス ブラックバイソン エディション

装備されるボディキットでは、全幅を55mm(2.15インチ)延長、昨年発表されたスズキ「ジムニー ブラックバイソン」と同タイプのフロントルーフスポイラーLEDライトは照射量をアップ。その他、リアルーフウィング、カスタムフロントバンパー、ボンネット用バグガード、リアテールスポイラー、リアスパッツ、サイドには片側3連エキゾーストシステムを装備しています。

足回りでは、20インチ「Jarret 1PCアルミホイール」を装着しますが、フェンダーエクステンションを装着すれば最大22インチになります。

(APOLLO)

『トヨタ自動車』の最新記事
GRヤリス RZ“High performance”
GRヤリスのラゲッジスペースは狭い? いや、結構使えるサイズだった
トヨタの新型SUV「アーバンクルーザー」が120万円で登場。スズキとの協業で実現
トヨタ クラウンが「クーペルック」のSUVに生まれ変わって2022年に登場!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事