サポカー補助金で「10万円」満額サポートされるオススメの5ナンバーサイズ国産車5選【新車】

補助金該当の国産車01

■「サポカーSワイド」対象の国産新車の中からオススメ5台をチョイス

3月9日から申請受付が始まった「サポカー補助金」。これは対歩行者の衝突被害軽減ブレーキそしてペダル踏み間違い急発進抑制装置の2つの運転支援システムを搭載するクルマを購入する満65歳以上の高齢者に対して、新車の場合最大で10万円の購入補助金を支給するというシステムです。

ここでは、2つの運転支援システムを搭載して「サポカーSワイド」に該当する国産新車の中で、満額10万円が補助される取り回ししやすい5ナンバーサイズの登録車の中からオススメの5台を紹介します。

●1台目:トヨタ・ヤリス

補助金該当の国産車02
トヨタヤリスのフロントスタイル

まずはトヨタ・ヤリスです。ヤリスはこれまでヴィッツという名前で販売されていたトヨタのコンパクトカーで、2020年2月に行ったフルモデルチェンジで名前とともにクルマが基礎から一新されています。

トヨタのクルマ構造改革である「TNGA」に基づいて開発されたコンパクトカー向けのプラットフォームやパワートレインを搭載し、コンパクトカーらしい「軽快なハンドリング」「上質な乗り心地」そして「最新の安全・安心技術」を備えた新世代ベーシックカーです。

搭載されているパワートレインは1L直列3気筒エンジン、1.5L直列3気筒ガソリンエンジンそして1.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムの3種類。組み合わされるミッションはCVTを中心に1.5Lガソリン車には6速MTも用意されています。

駆動方式はFFを中心に、1.5LガソリンのCVT車とハイブリッド車に4WDを設定。燃費性能はハイブリッド車がWLTCモードで36.0km/Lという優れた燃費性能を発揮します。

サポカー補助金で満額10万円の対象となるのは、CVT車に10万100円(税込)のオプションで設定されているパーキングサポートブレーキ装着車となっています。補助金でちょうどこのオプション代は相殺されるということです。トヨタ・ヤリスの価格帯は139万5000円〜249万3000円です。

●2台目:ホンダ・フィット

補助金該当の国産車03
ホンダフィットのフロントスタイル

続いてはこちらも2020年2月にフルモデルチェンジを行ったホンダ・フィットです。歴代モデルが築き上げた優れた性能・機能をベースに数値では表せない「心地良さ」を提案した意欲作となっています。

4代目となる現行型フィットはベーシック、ホーム、ネス、クロスター、リュクスというライフスタイルに合わせた5つのタイプを設定。SUVテイストのクロスターだけは3ナンバー車となりますが、そのほかは従来どおり5ナンバー車となっています。

搭載するパワートレインは1.3L直列4気筒i-VTECエンジンとe:HEV(イー・エッチイーブイ)と呼ばれる1.5Lガソリンエンジン+2モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類。組み合わされるミッションはCVTで、駆動方式は全車2WDと4WDを用意。燃費性能はe:HEVのホームがWLTCモードで28.8km/Lを実現しています。

全車に先進の運転支援システム、ホンダセンシングを標準装備し、11の機能でドライバーをサポートしてくれます。フットの車両本体価格は155万7600円〜253万6600円です。

『カーライフ』の最新記事
保険証券
事故やトラブルの際、代替の移動費や宿泊代も保険で補償される?【保険/車検のミニ知識】
新型コロナウイルス対策レンタカー・カーシェア
通勤必須の方の感染リスクを低減。新型コロナ対策のレンタカーやカーシェアリングの低額サービス
新型コロナウイルス
クルマは感染リスクが下がる!? 全国アンケートで考察する「コロナ収束後のクルマの未来」
自動車盗難
盗まれやすいクルマランキングはトヨタ系が上位独占! ランクルやプリウス、レクサスの屋外駐車は危険!?
家族のクルマ
自動車保険は複数台所有で割引になる。セカンドカー割引やノンフリート多数割引の基礎知識【保険/車検のミニ知識】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事