ホンダS660がマイナーチェンジでデザインをリフレッシュ!新色のアクティブグリーン・パールが鮮烈【東京オートサロン2020】

■マイナーチェンジしたS660は新デザインのフロントグリル&ホイールを採用

東京オートサロン2020が開幕するまで、まったく情報が漏れてこなかったのがS660のマイナーチェンジの内容。今回は「デザインの深化」をコンセプトに、ボディカラー同色のフロントピラー、新デザインのアルミホイールを採用するとともに、国内初となる新色のボディカラー「アクティブグリーン・パール」を追加し、デザインに磨きが掛けられていました。

S660のフロントスタイル
マイナーチェンジしたS660のフロントスタイル
S660のリアスタイル
マイナーチェンジしたS660のリアスタイル

その他の改良点は、外観ではヘッドライト/サブリフレクターの色変更、アクセサリーライトの追加、リアコンビネーションンランプ/インナーレンズの色を変更となっています。

S660のフロントグリル
フロントグリルも変更されました
S660のアルミホイール
マイナーチェンジでデザインが変更されたS660のアルミホイール

そしてインテリアは、シート表皮アクセントの変更、シートヒーター機能の追加により快適性を向上。同時にステアリングホイールやシフトノブ表皮にアルカンターラを採用し、触感にもこだわっています。

S660のインパネ
マイナーチェンジしたS660のインパネ

S660のマイナーチェンジは標準モデルだけでなく、カスタマイズモデルのモデューロXでも行われました。外観は新色アルミホイールの採用、ドアラミラーカバーの色変更、そしてインテリアは専用アルカンターラ&本革ステアリングホイール、サイドブレーキカバー、シフトブーツなどにアルカンターラ製部品が採用されました。また、専用スポーツレザーシートのデザインも変更されています。

S660のシート
マイナーチェンジしたS660のシート

S660のボディカラーはビビットなアクティブグリーン・パールに加えて、アラバスターシルバー・メタリックを追加し全7色。車両本体価格は標準モデルが203万1700円〜232万1000円。モデューロXは304万2600円となっています。

(萩原文博)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事