クリスマスの奇跡!? ランボルギーニが好き過ぎて、作ろうとした親子に訪れたファンタジー【CM動画】

いやー、この音! レプリカ製作で外見はなんとかそれらしく作れたとしても、この音は作れませんよね。“真にランボルギーニを愛するひとのためにランボルギーニはある”ということをアピールする動画ですが、なんか自動車の根源的な魅力を再認識させられる気がします。

それにしても、これ、タイトルにわざわざ『True Story』って入ってるってことは、実際にやったんですかね。じつは去年もランボルギーニは、こういうサプライズを起こす動画をアップしています。玩具店でランボルギーニのおもちゃが売り切れ、それでもほかのクルマではけっして納得しない子のもとに……。

それでは、みなさんも幸せなクリスマスを!

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、子供2人乗せ自転車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。