4WD化で0-100km/h=2.3秒を実現。マクラーレン次世代エンジン&プラットフォームを2020年3月発表!

■0-100km/h加速は世界第2位となる2.3秒と予想

マクラーレンのCEOマイク・フレウィット氏は、「Car and Driver」誌のインタビューにて、次世代プラットフォーム、及び新開発の軽量V型6気筒エンジンを3月にも公開することを示唆しました。

マクラーレン Elva外観_004
マクラーレン Elva

同社では、今後3年から4年でラインアップを完全にハイブリッド化することを目指しており、EV走行の航続は15マイルから20マイル(24km〜32km)、フラッグシップモデルは全輪駆動を採用し、0-100km/h加速は驚異の2.3秒というパフォーマンスを誇るといいます。この数値は世界最速リマック「C_Two」の1.85秒は別格としても、ダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」の2.4秒を超え世界第二位となります。

マクラーレン Elva外観_003
マクラーレン Elva

同氏は、次世代アーキテクチャを採用する最初の車を2020年の終わりまでに発表、2021年初頭に米国で発売する予定だと付け加えています。またハイブリッドを採用することによる加重はわずか65ポンド(30kg)とし、新開発の軽量V型6気筒を対象としているようです。上位モデルでは、ターボチャージャー付きV型8気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドが引き続き採用されると思われます。

将来的観測では、2023年には「ソリッドステート・バッテリー」市場に参入する技術を持っているという反面、完全な市販化へ相当長い年月がかかるとみており、今後数年は新型ハイブリッドの改良などが中心となりそうです。

(APOLLO)

『マクラーレン』の最新記事
マクラーレンのル・マン優勝25周年限定車の色はどうして「上野グレー」? 実は日本と深い関係があった!
マクラーレン 720S
1995年のル・マン24時間レース優勝を記念した50台限定車「720S ル・マン」が発表
ノビテック マクラーレン_013
マクラーレン・セナをカスタムチューン! GTR超えの902馬力を発揮する過激モデル
ロングテールの最新モデル! 765PS / 800Nmを誇るマクラーレン765LTがデビュー!!【新車】
マクラーレン・スピードテール07
注目は空力ボディ? マクラーレンSpeedtailが403km/hの最高速を記録 
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事