2020年デビューか? 日産キャシュカイ次期型は2種のハイブリッドパワートレインを搭載

日産 キャシュカイ外観_005

■なつかしいデュアリスの海外版、ジューク新型風マスクで「ProPilot」搭載へ

日産が海外で販売するミドルサイズ・クロスオーバーSUV「キャシュカイ」の次期型は、2種のハイブリッドパワートレインで発売される可能性があることがわかりました。

日産 キャシュカイ外観_005
日産 キャシュカイ

キャシュカイは日本でかつて販売されていた「デュアリス」の海外版です。北米やアジアでは「ローグ」、オーストラリアでは「デュアリス」の名称で販売されていますが、日本でのデュアリスは2013年に生産終了となっています。

日産 キャシュカイ外観_004
日産 キャシュカイ

キャシュカイ次期型では、ルノー日産アライアンスの最新世代「CFM」プラットフォームを採用。1つは日産の「e-Power」システムを搭載、もう1とつは三菱のプラグインハイブリッドが設定されるといいます。ただし、同社の製品計画担当副社長、Ponz Pandikuthira氏によると、欧州向けe-Powerテクノロジーは、確定していないようです。

日本では、時速50マイル(80km/h)から65マイル(100km/h)が平均的な走行速度ですが、欧州では130km/h以上での走行が多く、e-Powerの消耗を考慮しなければならないからだといいます。また同氏は、フルEV製造コストが、ハイブリッドより優勢になるまで今後2〜4年かかるため、数年はプラグインハイブリッドを積極的に追求していくとのことです。

なお、次期型のエクステリアは、「ジューク」から意匠を得た細いヘッドライトと装備する可能性が高く、「ProPilot」自動運転システムの搭載が濃厚のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ヒュンダイ i20N_001
ニュルで高速テスト中! ヒュンダイ i20の最強モデル「N」市販型ボディをキャッチ
シボレーコルベット_003
新型シボレー・コルベット、PHEVモデルを初設定へ。燃費だけでなく性能も向上か?
フィアット ティーポ_006
実はシビックやマツダ3より売れている!? フィアット・ティーポ、5年目の大幅改良
スパイカメラマン_003
わずか5秒のチャンスにかけるビジネス! 新車スパイカメラマンというお仕事
日産 エクストレイル_001
新型 日産・エクストレイルの特許画像を入手! 新しい「e-POWER」を搭載で魅力アップ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事