レンジローバー・ヴェラールに最上級グレード「SVAUTOBIOGRAPHY DYNAMIC EDITION」が53台限定で設定【新車】

レンジローバー ヴェラール

■550PS/680Nm、最高速274km/hを誇るモンスターSUV

ジャガー・ランドローバーは、レンジローバー・ヴェラールに「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」が開発した最上級グレード「RANGE ROVER VELAR SVAUTOBIOGRAPHY DYNAMIC EDITION(レンジローバー・ヴェラール・エスブイ・オートバイオグラフィー・ダイナミック・エディション)」を設定し、2019年11月28日(木)より受注を開始しました。

同モデルは2020年モデルのみに設定される限定モデルで、53台が日本導入にされます。心臓部は5.0LのV型8気筒ガソリン・スーパーチャージャーで、最高出力405kW/550PS・最大トルク680Nmというハイパワーを誇ります。

レンジローバー ヴェラール
レンジローバー・ヴェラールにレーシーな走りが魅力の「SVAUTOBIOGRAPHY DYNAMIC EDITION」を設定

「SVAUTOBIOGRAPHY DYNAMIC EDITION」専用に設計、チューニングが施され、ハイパフォーマンス、俊敏な走りを実現するモンスターSUVで、最高速度は274km/h、0-100km/h加速は4.5秒でクリア。

フロントバンパーの形状が変更され、エアインテークを拡大。ボディ下部のトランスミッション、トンネル、アンダートレイの形状が見直され、エアロダイナミクスを強化されています。

さらに、全輪駆動(AWD)システム、電子制御アクティブ・ディファレンシャル、8速クイックシフトAT、電動パワーアシストステアリング(EPAS)、エアサスペンション、可変バルブ・アクティブ・エキゾーストシステムなども、パフォーマンス向上のために改良が加えられているそう。

加えて、サスペンションとロールバーの剛性が引き上げられ、冷却機能とブレーキフィールを高めた専用設計の395mm(フロント)/396mm(リヤ)の2ピース構造大径ディスクブレーキを採用。

エクステリアには、グラファイトアトラス仕立ての新デザイン・フロントグリルとサラウンドをはじめ、ブライトクロームインサート付サイドベント、ブライトクワッドエキゾーストフィニッシャー、シグネチャー・デイタイム・ランニングランプ(DRL)付マトリックスレーザーLEDヘッドライト、コントラストルーフ(ブラック)+スライディングパノラミックルーフなどが用意されます。

足元は、22インチの「スタイル5113」5スプリットスポーク(グロススパークルシルバー、コントラストダイヤモンドターンドフィニッシュ)を装着。

レンジローバー ヴェラール
レンジローバー・ヴェラールのインパネ(上の写真はSVO仕様ではありません)

インテリアには、専用のダイヤモンドキルテッド・パーフォレイテッド・ウィンザーレザーシートをはじめ、20ウェイ電動フロントシート(シートヒーター&クーラー、メモリー&マッサージ機能)とリヤシート(ヒーター)、専用設計のスポーツ・ステアリングホイール、アルミニウムパドルシフト、ノール加飾が施されたロータリーシフターとコントロール・ダイヤルなどが装備されます。

そのほか、ヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)、レーン・キープ・アシスト、レーン・デパーチャー・ワーニング(車線逸脱警告機能)、エマージェンシー・ブレーキ、ドライバー・コンディション・モニター、360度ビュー&パーキングガイド機能付きサラウンドカメラ・システム、ブラインド・スポット・アシストなど豊富なドライバー支援システムも採用。

価格と限定台数は、フジホワイト(ソリッド)が5台で、17,698,000円。サントリーニブラック(メタリック)が10台で17,698,000円。 アイガーグレイ(メタリック)も10台で価格は、17,698,000円。バイロンブルー(メタリック)は5台限定で、価格は17,766,000円。バイロンブルーは23台で価格は、18,627,000円です。※上記写真には、SVO仕様と異なる写真も含まれます。

(塚田勝弘)

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事
ジャガー・ランドローバー・ジャパンが読売巨人軍に70台のオフィシャルカーを提供
新型ランドローバー「DEFENDER」が映画『007』シリーズ最新作『NO TIME TO DIE』に登場
レンジローバー ヴェラール
超充実装備が魅力的。「レンジローバー・ヴェラール」の特別仕様車「ケンジントン」が74台限定で登場
ジャガー Fタイプ
ジャガー・Fタイプがマイナーチェンジ。エクステリアデザインを大きく刷新、筋肉質なスタイリングに変身【新車】
レンジローバー・スポーツの2020年モデルが登場。 3.0Lの直列6気筒ガソリンエンジンを追加設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事