秋田犬も体感して絶賛!マツダのGVC酔わない機能はワンコたちにも優しかった【東京モーターショー2019】

マツダCX-8

■大型犬との移動で分かった、GVCの優しい機能とは?

・TMS2019オープンフューチャーはワンコも一緒に楽しめました!

東京モーターショー2019の2会場をつなぐ無料エリア・オープンフューチャー、夢の大橋の東側を歩いていると、なにやらより一層の人だかりが…。しかも「ワンワンッ!」とワンコの鳴き声も聞こえてきます。無類のワンコ好きであるあたしがワクワク覗いてみると、そこにはたくさんの秋田犬の姿が!

CX-8と秋田犬
人だかりをかき分けると、そこには可愛い秋田犬!

「イヤ~ン超カワイイ!! 触りた~い!!!!!」…でもなんでココにワンコたち?

そこにはマツダのSUV、CX-8のガチアウトドア仕様が並び、その中の1台のCX-8のリヤハッチを開けたところに1匹の秋田犬がチョコンと乗っていました。CX-8はその美しいボディラインにプラス、ガソリン、ガソリン+ターボ、ディーゼルエンジンとバリエーションもあり、また3列シートで使い勝手も良いところがクローズアップされています。

CX-8とワンコ
こんな大勢の人に囲まれても勝星クンは超大人しくしていました。

そして、マツダの世界初の技術として開発された「G-ベクタリング コントロール(GVC)」「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」もCX-8の大きなセールスポイントです。

このGVCを超カンタンに言うと、エンジントルクを制御し前後左右のGをコントロールすることで、4輪荷重を最適化してシャシー性能をアップ、またGVC plusでは更にブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)も加え車両を安定させる、そういう機能です。これにより、同乗者にも揺れを感じさせず「クルマ酔い」も抑えてくれるという効果もあります。

車中泊可能なCX-8
ガチなアウトドア仕様姿も似合うCX-8。

そして、このクルマ酔い防止機能にもなるGVC(GVCプラス)は人間だけではなく、ワンコたちにも大好評!なのだそうです。

ワンコ、特に大型犬は車内で動き回ったりすると運転者のジャマにもなってしまうため、ハッチ部分やCX-8でいえば3列目シート部分にゲージを設置し、ワンコが安心感を得られる狭い空間を作ってあげることで、安全安心な「ワンコとドライブ」が出来るようになります。

しかし、中にはクルマの振動が苦手でクルマ酔いをしてしまいリバース…なんてことになってしまうワンコもいるんです。ウチにいたヨークシャテリアもクルマに乗るとゲポッ…でした。

CX-8と2匹の秋田犬
ワンコとのドライブで困るのが、クルマ酔い。でもGVCはワンコにも優しくしてくれます。

実際に、GVC有る無しをワンコたちが乗り比べてみると、「振動やG変化による気持ち悪さが物凄く軽減されているため、快適にクルマ移動ができてクルマ酔いが起きなくなった!ワン」と、インタビューをした秋田犬の勝星(しょうせい)クン1歳(ちなみに勝星クン、ロシアのフィギュアスケーター・ザギトワ選手の秋田犬、勝クンの兄弟)が興奮気味に答えてくれました。

CX-8と勝星クン
ボクが実際にGVCの乗ってテストをし、その優しい機能を体感しました~!ワン。

人馬一体、美しく走るマツダのGVC(GVCプラス)は、人間だけではなくワンコにも優しい機能だということが、大型犬・秋田犬ちゃんたちにより証明されているんですね。

(文:永光 やすの/画像:三熊 敏郎)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事