電動マウンテンバイクは世界的ブームの兆しあり! ヤマハは本気マシン「YPJ-YZ」を投入【東京モーターショー2019】

■アグレッシブに変身したスポーツe-MTB「YPJ-YZ」

スポーツe-BIKEが人気となっている昨今、その先駆けとなったのが「YPJ-XC」です。MTBのデメリットを補い、街中から山林まで軽快に駆け巡ることができるe-MTB。その第二弾となるモデルが登場しました。それが「YPJ-YZ」です。

YPJのサイドビュー
レーシングモデルをイメージしたデザインとバイクにも負けない車格、そして最新の装備で、自転車の域を超える存在感を放つ。

このモデルはスタンダードなMTBスタイルの「YPJ-XC」から一変、レースで走るレーシングマシンを表現しています。モトクロス専用バイク「YZ」を彷彿させる設計思想とツインチューブでバッテリーを挟み込むという独自のレイアウト、そしてフルサスペンションを搭載、厳しい路面での安定したコーナリング性能と軽快なハンドリングを手に入れました。

YPJのバッテリー
トップチューブはサスペンションを、ダウンチューブにはバッテリーを挟み込んで搭載する。
YPJのサスペンション
悪路やコーナリングの際、快適なハンドリング性能を発揮するフルサスペンション。
YPJのホイール
ヤマハのレーシングイメージを象徴するブルーカラーが映えるホイール。

見た目も走りもより一層の魅力を増したe-MTBを、ぜひ東京モーターショーの会場で見て欲しい一台となっています。

スタンダードなYPJ
こちらはスタンダードなYPJ-XC。比較してみると、YPJ-YZのデザインや存在感の違いは明確。

ヤマハYPJ-YZ
【主要諸元】

・車両寸法:全長1,939×全幅790×全高960mm
・車両重量:未公表
・乗車定員:1名
・原動機形式:センターモーター
・バッテリー種類:リチウムイオン電池
・バッテリー容量:500w
・定格出力:0.25kW
・最大トルク:500Wh

(安室淳一)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事