YAZAKIの次世代メーターは、ドライバーの目が向いたほうにHUDの表示が動く!【東京モーターショー2019】

Yazaki_Cockpit_EyeCatch

■未来すぎなくて待ち遠しい、統合コックピットコンセプト

そうか。近い未来、クルマのコックピットはこんなふうになるのか…。そんなことをリアルに感じさせてくれたのがYAZAKI(矢崎総業)の統合コックピットコンセプトでした。

YAZAKIはすでに総グラフィックスのメーターパネルを市販車に供給しているそうですが、これは、コンセプトモデルなので、そこから一歩進めたものです。

Yazaki_Cockpit
写真は手前のメーターにピントを合わせているので、HUDの表示がボケていますが、奥にピントを合わせれば鮮明に見えます。

メーター自体も総グラフィックスなのですが、フロントウインドウにはHUD(ヘッドアップディスプレイ)で車速が表示されています。そして、その車速の表示がやや左に寄っているのがわかると思います。じつはこのメーター、本体の脇にドライバーに向けたカメラが内蔵されていて、ドライバーの視線をチェックしています。そして、ドライバーの目が向いたほうに、HUDの表示も動くのです!

ということはですね、これ、カメラを構えると、ちゃんと表示されないんです。けっきょく右目で一眼レフカメラのファインダーをのぞき、左目を見開いて認識してもらうことで、やっと写真が撮れました。そんなわけでHUDの表示が左にズレているわけです。

最初の写真は手動運転時の表示ですが、自動運転モードでは表示を切り替えることを想定しています。中央のグラフィックでハンドルから手を離しているのがわかると思います。また、クルマの周囲のドーナツ状のグラフィックは周辺センサーが作動していることを表しています。

Yazaki_Cockpit_AutoPilot01
自動運転時の表示です。

自動運転モードのときには、少々よそ見をしてもいいという前提で、センターコンソール付近のタブレットで動画を再生したりもできます。

Yazaki_Cockpit_AutoPilot02
左のタブレットに動画や写真が表示できます。

ずっとセンターコンソールを見ていると首も疲れるので、自動運転時には運転席の正面のメーター部分にテレビ電話の映像を映すこともできます。

Yazaki_Cockpit_Movie
テレビ電話だけでなく、映画などを再生することもできます。

こんなコックピットのコンセプトモデルを15年前に見せられたら、ちょっとSFすぎる感じがしたでしょうが(15年前はスマホすらなかったですからね)、この2019年だったら、あと少しで実現しそうな気がします。ものすごい未来じゃなく「ちょっと未来」な感じだけに、完成度も高いコンセプト展示でした。

(まめ蔵)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事