将来のEVラグジュアリーセダンの姿を示すメルセデス・ベンツ VISION EQS【東京モーターショー2019】

■スポーツカーに匹敵するの高いパフォーマンスを発揮する未来のラグジュアリーセダン

2019年10月23日、東京モーターショーのメルセデス・ベンツブースに圧倒的な存在感をもつクルマが出展されました。これがショーカーの「Vision EQS」です。

EQS外観02
Vision EQSと上野社長のフォトセッション

Vision EQSはこれまで、メルセデス・ベンツの代名詞となってきた「技術革新」「責任」「強烈な個性」といった課題を全てクリアした、今後導入される大型電気駆動ラグジュアリーセダンの表現したモデルなのです。

EQS外観03
Vision EQSフロントスタイル

Vision EQSの前後に長い「ワンボウ」型のプロポーションは、メルセデス・ベンツの電動化モデルであるEQモデルに採用されたデザインの基本思想「プログレッシブラグジュアリー」に新しい境地を切り開きました。また、シームレスな外観によって堂々とした存在感を醸し出しています。

EQS外観04
Vision EQSリアスタイル

ボディ周囲360度を取り巻く“lightbelt”がブラックパネルのLEDマトリックスグリルやヘッドライトとリアのランプを結びつけるデザインから生まれるコントラストによってダイナミズムを強調しています。

Vision EQSの特徴的な装備は、新型DIGITAL LIGHT ヘッドライトです。採用したホログラフィックレンズモジュールは毎分2000回を上回る速さで回転し、特殊な制御によって異なるホログラフィー画像を生み出すことができます。

EQS内装01
Vision EQSインパネ

Vision EQSのインテリアは従来の材料に加えて、先進技術を駆使した材料も採用しています。シートに用いたクリスタルホワイトのマイクロファイバー「レザーDINAMICA」にはコントラストとなるダイヤモンドパターンのステッチ末端にローズゴールドのハイライトをあしらっています。また、ルーフライナーは「海洋ゴミ」プラスチックを一定割合含んだ特別ケースとなっています。

EQS内装02
Vision EQSシート

搭載されているパワートレインは総合出力350kW以上というスーパースポーツカー並のパフォーマンスを発揮する電気モーターを採用。小型の高性能電気モーターを各アクスルに備えることにより、EQパフォーマンスの新たな基準を作り出しました。航続走行距離はWLTPサイクルで最大700kmを実現。またバッテリーの充電時間は急速充電器を使用した場合、80%まで充電するのに必要な時間は20分未満となっています。

Vision EQSは直感的対話型操作を実現する進化型のMBUXやレベル3の高度な自動運転機能を採用することでドライバーをサポート。さらに将来的にはモジュール型センサーシステムを搭載することで、自動運転レベルを完全自動運転まで拡大することが可能となっています。

メルセデス・ベンツが目指す、今後20年で新車全体のCO2排出量の収支ゼロを実現するためにはこのVision EQSのようなモデルの市販化が絶対条件となるでしょう。

(萩原文博)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事