軽快かつアクティブに使えるシティアドベンチャー、ホンダADV150が登場!【東京モーターショー2019】

■PCXをベースにしつつ、走りも低中速重視にリセッティング

 インドネシアで先行発売されているホンダADV150。市街地や郊外の荒れた路面を軽く走破できるサスペンションにタイヤ、そしてライディングポジションの採用とタフでアクティブなアドベンチャースタイルが魅力の15ccスクーターです。

ADV150のフロントビュー
精悍な印象のボディデザインと大きすぎず、小さすぎないサイジングも魅力。

 親機(?)のX-ADV(750cc)は存在感があって魅力的ですが、車体も大きく、価格も120万円超で、気軽には手を出すことができません。そこで新たに登場したのがこのADVです。ロングライドも快適に使え、渋滞時の走行もスムーズ、さらに扱いやすくて経済的。コミューター的な使い方ができつつ、大型ファンモデルのクオリティも得ています。

ADV150のリヤビュー
タイヤはIRCのTRAIL WINNERを履く。ごつめなブロックパターンがカッコいい。

 X-ADVのオートマチックでオフロードっぽいスタイリングやメタルパーツに跳ね上げタイプのマフラーが継承され、またアイコンとなる可変スクリーン(2段階)や多機能スピードメーターとインジケーターのセパレートタイプの仕様も踏襲。使い勝手の良いスマートキーシステムも同様に採用されています。

ADV150のメタルパーツ
ラグジュアリー感を盛り上げるメタルパーツをアクセントとして採用。
ADV150のマフラー
アクティブな印象を与える跳ね上げタイプのエキゾーストパイプ。
ADV150の可変スクリーン
可変式のスクリーンは2段階の調節をほぼワンタッチで可能となっている。
ADV150のメーター
アドベンチャーのテイストを継承しているセパレートタイプのメーター&インジケーター。
ADV150のスマートキー
エンジンのオンオフ、シートや給油口の開閉もワンタッチ。

 気になる走りは、同排気量モデルとして比較対象となるPCXのどっしりとしてラグジュアリーな乗り味に対して、エンジンのセッティングやベルトが変えられ、低中速を意識した設定とされたADVは、アップライトなポジションと相まって、軽快かつアクティブな走りを楽しむことができます。

ADV150のポジション
アップライトなポジションは視界もよく、ライディングの際の負担も軽減。

 日本では小型二輪というと125ccモデルが人気ですが、ASEANのマーケットでは150ccモデルが中心。PCX150などは年間10万台を売り上げているそうです。

 発売は来春予定で、価格は未定。カラーリングは落ち着いた雰囲気の6色がラインアップされるとのこと。当面のライバルは、やはりPCXとなりそうです。

ADV150のシート
座りやすいコンパクトなシート。タンデム部の座面の広さも十分。
ADV150のエンブレム
車名のエンブレムはリヤパートにさりげなく装着される。

ホンダADV150
【主要諸元】

・全長×全幅×全高:1950×763×1153/1224(Low/High)mm
・エンジン:水冷4ストロークOHC単気筒
・排気量:149cc

(文・写真/安室淳一)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事