ダイハツの新型コンパクトSUVがサプライズ出展! 車名は往年のビッグネーム「ロッキー」が有力!?【東京モーターショー2019】

東京モーターショー2019

■ダイハツブースの主役は「半歩先行く」軽自動車コンセプトカーと新SUV

東京モーターショー2019
ひな壇には4台のコンセプトカーが並ぶ。

ダイハツブースは、派手派手しいコンセプトカーではなく、ユーザーの暮らしに寄り添うような近未来を見せてくれるようなコンセプトカーが並んでいました。その数なんと4台。シチュエーション別に特化しているので、使っている人のシーンや笑顔が見えるようでした。

東京モーターショー2019
ダイハツ工業 代表取締役 奥平総一郎さん。

●IcoIco(イコイコ)

東京モーターショー2019
自宅前が細い道でも大丈夫。
東京モーターショー2019
大型スロープで車椅子での乗降の不安解消。
東京モーターショー2019
アシスタントロボ「ニポテ」がいろいろお世話してくれる。

物流業界における「ラストワンマイル」はよく聞きますが「ファーストワンマイル」に着目したのが、公共トランスポーターの提案コンセプト「イコイコ」です。軽自動車ならではのサイズを活かして狭い道もすいすい。車椅子や大型スーツケースに便利な格納式スロープも備わっています。

●TsumuTsumu(ツムツム)

東京モーターショー2019
フロントドアは後ろヒンジで開く。
東京モーターショー2019
移動しない際は荷室を後ろにスライドできる。
東京モーターショー2019
農業用ドローンを積み、その基地としての用途も想定。

「カートリッジ型の荷台」という新発想の軽トラのスタディが「ツムツム」です。用途に合わせて荷台を換装し、確実かつ安全に荷物を運ぶというコンセプトです。相次ぐ撤退でダイハツ・アトレーとスズキ・キャリイだけになってしまいそうな軽トラ業界のニューフェースになってもらいたいですね。

●WaiWai(ワイワイ)

東京モーターショー2019
ルーフはWサンルーフ仕様。

核家族化の反面、土地に余裕のある地方では3世代同居もめずらしくありません。そんなファミリーの移動は迷わずミニバンになるのですが、ミドルサイズ以上だと奥さんが乗ったりするの日常では持て余し気味。そんなスイートスポット突いた3列シートの6人乗りミニバンです。

●WakuWaku(ワクワク)

東京モーターショー2019
キャスト・アクティバでは物足りない層を狙う。
東京モーターショー2019
2シーター+ラゲッジとしても使える。
東京モーターショー2019
「テリオス」の名前も復活したりして!?

絶好調ジムニーに一矢報いたい感がひしひしと伝わるのが「ワクワク」。ルーフが開いてラゲッジになるアイディアは、目に付くところに汚れ物を置かなくてもいいので案外快適かもしれません。

●新コンパクトSUV

東京モーターショー2019
ほとんど量産に近いモデル。
東京モーターショー2019
上位グレードと思われるモデル。
東京モーターショー2019
インテリアにはボディ同色のステッチワークが。
東京モーターショー2019
4穴なのでリッターカークラスだ。
東京モーターショー2019
2WD(FF)と4WDが用意されるとのこと。

そしてブースのエントランスにあたるエリアに堂々展示されていたのが「市販予定」として並べられていたコンパクトSUVです。全長は3995mm×全幅1695mm×全高1620mmは日本の交通事情にとってジャストサイズ。

エンジンは1リッター3気筒ターボで、タントに続くDNGAシャーシ採用車とのこと。車名には懐かしの「ロッキー」が復活するとか、トヨタブランドとしても売られる予定との噂でした。

(畑澤清志)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!? 時代をリードする企業「ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストン」を清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
東京モーターショー2019
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事