世界で3番目にアルピーヌが売れている国ニッポンに、待望のハイパワー版「アルピーヌ A110S」が上陸!【東京モーターショー2019】

●ブーストアップで40馬力増! さらにカーボンルーフ採用などでダイエットも徹底

東京モーターショー2019
ルノー・ジャポン代表取締役 大極司さん(左)と、本国アルピーヌの責任者レジス・フリコデさん。

アルピーヌ山脈のグラフィックが描かれたブースをバックに発表されたのは、アルピーヌA110の新たなるグレード「A110S」でした。

東京モーターショー2019
新グレード「A110S」。

現行で展開されている「PURE」(ピュア)、「LINEAGE」(リネージ)に加わるホットモデル、との位置づけです。これまで投入されたノワールなどトリムを変えた限定車とは、気合の入り方が違うようです。

東京モーターショー2019
ミッドに搭載されるのは292psの1.8リッター直列4気筒ターボ。

エンジンをミッドにレイアウトする2シータースポーツといえば想定ライバルは718ケイマンですが、その上位モデルと同じ「S」を冠することからも並々ならぬ対抗心が感じられます。

東京モーターショー2019
わずかにローダウンされている。
東京モーターショー2019
ルーフのカーボンがただならぬオーラを放つ。

本国アルピーヌから来日した重役レジス・フリコデさんは、世界でTOP3に入るという日本市場に敬意を払いつつ、ブーストアップされ40ps向上しながらカーボンパーツを多用し車重を1114kgに抑えたハンドリングファーストぶりをアピールしました。

東京モーターショー2019
ALPINEテレメトリー。
東京モーターショー2019
トリムの随所にオレンジが配される。
東京モーターショー2019
リヤピラーのオレンジが識別点。
東京モーターショー2019
キャリパーもオレンジ。ホイールはダークスパッタリング加工となる。
東京モーターショー2019
シートは他グレードと同じsabelt製だが、A110Sは軽量バージョンだ。
東京モーターショー2019
ドアトリムやステッチにもさりげなくオレンジが。

これだけ手が入って「ピュア」(804万6000円〜826万円)、「リネージ」(844万4000円〜856万6000円)よりもわずかに高い899万円(予価)というのはバーゲンプライスでしょう。

すでに400台以上のA110が売れている日本。既納オーナーにとっても気になる存在が現れたのは間違いありません。

(畑澤清志)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事