乗用車で日本初! クリーンディーゼルPHEVのメルセデス・ベンツE350deが登場【東京モーターショー2019】

Eクラス_外観1

■ガソリンエンジンのPHEV「E350e」も同時に発表。どちらも約50kmのEV走行が可能

2019年10月23日、東京モーターショーにおいてメルセデス・ベンツ日本は、日本初となるクリーンディーゼル・プラグインハイブリッド車のE350deとガソリン・プラグインハイブリッド車のE350eを発表しました。12月から順次納車される予定です。

Eクラス外観02
E350deのフロントデザイン

メルセデス・ベンツEクラスは、世界で累計1,200万台以上の販売台数を誇るブランドのコアモデル。現行型のEクラスは2016年に発表され4ドアセダンをはじめ、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレという多彩なボディ、そして多彩なパワートレインを用意しているのが特徴です。

Eクラス外観03
E350deのリアスタイル

そのEクラスにディーゼルとガソリンエンジンのプラグインハイブリッド車が追加されました。

日本初のクリーンディーゼルPHEVのE350deは最高出力194ps、最大トルク400Nmを発生する2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンに、最高出力122ps、最大トルク440Nmを発生するモーターを組み合わせ、システム総合で最高出力306ps、最大トルク700Nmを発生します。

Eクラスエンジン
e350deの2L直列4気筒ディーゼルターボエンジン

このE350deは、近距離の走行時は電気自動車のようにモーターのみで走行可能です。モーターのみでの航続走行距離は最大50km(WLTPモード)となっています。

ロングドライブでは、ディーゼルの優れた燃費性能によってロングドライブが楽しめます。また、ハイブリッドモードではエンジンとモーターの協調によって、低振動、低騒音で、優れた加速性能と高い快適性を実現しています。

Eクラス内装
Eクラスインパネ

また、ガソリン・プラグインハイブリッド車のE350eは最高出力211ps、最大トルク350Nmを発生する2L直列4気筒ガソリンターボエンジンにE350deと同じモーターを組み合わせて、システム総合最高出力は320ps、最大トルク700Nmを発生。モーターのみでの走行可能距離は51kmとなっています。

Eクラス外観04
Eクラスの充電口

E350de、E350eは「インテリジェントアクセルペダル」を搭載しています。EV走行モードの時に、これ以上アクセルを踏むとエンジンを始動しなければならないことをペダルの抵抗で知らせる「プレッシャポイント機能」や、ドライバーが不要な加速操作を行っていると2回のノックパルスによって知らせる「ダブルパルス機能」により燃費走行をサポートしてくれます。

車両本体価格は、ディーゼル・プラグインハイブリッドのE350deスポーツが875万円、そしてガソリン・プラグインハイブリッドのE350eスポーツは852万円となっています。

(萩原文博)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事