急遽GT500参戦となった千代勝正選手。その経緯と結果は?【SUPER GT 2019】

GTオーポリ千代_01

●急遽代役としての出場にもかかわらず、素晴らしい走りを披露した千代勝正選手

今回のオートポリス大会では、日曜日の決勝にGT500クラスのドライバー変更がありました。

GTオーポリ千代_02
12号車 カルソニック IMPUL GT-R

#12 カルソニック IMPUL GT-Rのジェームス・ロシター選手が土曜日の公式予選終了後に急病を発症し、医師からドクターストップを宣告されたため、ロシター選手に代わってテレビ番組の解説でオートポリスに来ていた千代勝正選手が急遽参戦したものです。

これについては12号車のエントラントからの嘆願書、そして競技会組織委員会からも興行の観点から推薦状が提出されました。

千代選手は昨年まで同じGT500車両で年間エントリーをしていた実績もあり、ライセンスや装備品などの適格性を確認した上で、スポーティングレギュレーション第16条1.に基づき、競技会審査委員会から参加を認められました。

ただし、ウォームアップ走行の結果を踏まえて最終判断すること、12号車については決勝レース中に10秒のペナルティストップが課せられることが条件となりました。

GTオーポリ千代_03
緊張した面持ちの千代選手

これを踏まえ、見慣れないカルソニックブルーのウェアに身を包んだ千代選手は、昨年までと同じGT-Rとはいえ初めてのブリヂストンタイヤで、わずか20分間の走行時間であわやトップタイムか!? という素晴らしい走りを見せ2番手タイムを計測、決勝に臨むことになりました。

GTオーポリ千代_04
雨の決勝を走る千代選手

決勝では後半スティントを担当。天候にも翻弄され、入賞とまでは行きませんでしたが、3度のセーフティカーという荒れたレースで無事12位完走を果たしました。

今シーズンは残念ながらスーパーGTの舞台で千代選手の走りを見ることはできませんが、今回の参戦を機に来年またスーパーGTに参戦できることを、きっと多くのファンが待ち望んでいることでしょう。

(H@ty)

『スーパーGT』の最新記事
ホッケンハイムレース2_001
スーパーGT勢にとって厳しい結果となったホッケンハイムラウンド【SUPER GT・DTM交流戦】
ホッケンハイムレース1_001
スーパーGTとDTMのガチバトル! NSXを駆ったバトン選手が9位入賞【SUPER GT・DTM交流戦】
ホッケンハイム_金曜日_001
ホッケンハイムの洗礼!? スーパーGT勢を襲った苦難【SUPER GT・DTM交流戦】
DTM_ピットビュー_01
DTMに導入されている「PIT VIEW」はレースファンに嬉しいサービス【SUPER GT・DTM交流戦】
スーパーGTホッケンハイム_001
日独6メーカーが揃い踏み!日本の3メーカーのGT500マシンがホッケンハイムを激走【SUPER GT・DTM交流戦】
GTオーポリ千代_01
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事