KEIHIN NSX-GTがフリー走行からトップタイムを連発。NSX-GT勢として今シーズン初ポールポジションを獲得!【SUPER GT 2019】

GTオートポリス予選001

9月最初の週末となる7日、大分県はオートポリスにてSuper-GT第6戦が開催されました。

GTオートポリス予選002
フリー走行トップタイムを記録したKEIHIN NSX-GT
GTオートポリス予選003
フリー走行2番手タイムはARTA NSX-GT

予選日となったこの日の午前中に行われたフリー走行では、今シーズン苦戦を強いられているNSX-GT勢の#17 KEIHIN NSX-GTと#8 ARTA NSX-GT がそろって好タイムを記録、午後の予選に期待が膨らみます。

GTオートポリス予選004
Q1トップ通過のバゲット選手

そして迎えた午後の公式予選。14時50分から行われたQ1では、フリー走行での好調を維持した17号車ベルトラン・バゲット選手がトップタイムでQ2に進出を決めます。2位から5位には今シーズン好調のLEXUS勢が入り、8号車 伊沢 拓也選手はトップから0.967秒差の7位でQ2に滑り込みます。

GTオートポリス予選005
ポールポジションをゲットした塚越選手

赤旗中断もなくオンタイムで行われたQ2でも17号車の好調さは留まることを知らず、塚越 広大選手が全体通してこの日最速となる1’33.262というタイムを叩き出し、NSX-GT勢としては今季初、17号車としては昨年の開幕戦岡山大会以来のポールポジションを獲得しました!

GTオートポリス予選006
予選2番手は野尻選手

また2番手には8号車 野尻 智紀選手が入り、フロントローをNSX-GTが独占する予選となりました。

GTオートポリス予選007
記者会見でコメントする塚越選手

予選後の会見でQ2を担当した塚越選手からは、第4戦のタイラウンドで良いセットが見つかり、それをベースに前戦富士そしてSUGOでのテストでも良い感触を得ていると、HONDAファンにとっては翌日の決勝に向けても非常に期待の持てるコメントがありました。

GTオートポリス予選008
明日の決勝はポールポジションからスタート!

このままNSX-GT勢が逃げ切るのか、LEXUSや日産がそれを阻むのか、注目の決勝は8日14時30分スタートの予定です。

(H@ty)

『スーパーGT』の最新記事
グッドスマイルレーシングのレースクイーン「レーシングミクサポーターズ2020」発表【SUPER GT 2020】
GAZOO_Racing_体制発表_001
TOYOTA GAZOO Racingが2020年の国内モータースポーツ活動を発表
2020バージョンのレーシングミクサポーターズ衣装のプロトタイプ
グッドスマイルレーシングが体制発表。マシンのカラーリングは東京オートサロン2020で公開!【東京オートサロン2020】
交流戦_レース2_001
3度のセーフティカー導入で大混乱のレース2を制したのは、GT500初優勝のあのドライバー!【SUPER GT・DTM交流戦】
Modulo Epson NSX-GTのスターティンググリッドはフロントロー
Modulo Epson NSX-GT、ドライとなったレース2で圧倒的勝利!【SUPER GT・DTM交流戦】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事