レガシィ・アウトバック/B4が一部改良を実施。新グレード「B-SPORT」を設定【新車】

●新グレードの「B-SPORT」は、スポーティかつ買い得感のある価格設定

SUBARUの最上級モデルであるレガシィ・アウトバック/B4が一部改良を受け、11月8日に発売されます。なお、B4は北米のシカゴオートショーで、アウトバックはニューヨーク国際オートショーで、それぞれ新型がすでに公開されています。

SUBARUレガシィアウトバック
一部改良を受けてF型にスイッチしたレガシィ・アウトバックの外観

日本にも新型の登場が待たれるところですが、今回は現行型の一部改良でF型にスイッチすることになります。2014年10月に発表した6代目のレガシィシリーズは、安全性能や走行性能はもちろん、内・外装のデザインや質感を徹底的に磨き上げ、とくに上質な走りはSUBARUの最上級モデルにふさわしい仕上がりになっています。

SUBARUレガシィアウトバック
SUBARUレガシィ・アウトバックのフロントビュー

今回の一部改良では「B-SPORT」グレードが新たに追加され、スポーティさを表現した専用の内・外装を採用しながら、買い得感もある価格設定になっています。

ボディカラーにも新色が加わっています。アウトバックの「B-SPORT」「Limited」グレードに「クールグレーカーキ」を新設定。さらに、モダンさとスポーティさを表現したという、ブラウンレザー内装を一部グレードに追加設定(アウトバック/B4の「Limited」グレードに採用)。

SUBARUレガシィ
SUBARUレガシィのインパネ

機能面では、アウトバックに採用される「X-MODE」に、雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能とし、悪路走破性も引き上げられています。

SUBARUレガシィB4
SUBARUレガシィB4の走り

価格帯は、レガシィ・アウトバックの「B-SPORT」が3,410,000円、「X-BREAK」が3,465,000円、「Limited」が3,630,000円。B4の「B-SPORT」が3,135,000、「Limited」が3,300,000円です。※価格は消費税10%込みです。

(塚田勝弘)

『SUBARU』の最新記事
初代レガシィツーリングワゴン
【SUBARU GT EXPERIENCE.1】そのルーツはレオーネにある? SUBARUが考えるツーリング、そしてGTの意味
SUBARU東京モーターショー
「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」が日本初公開【東京モーターショー2019】
SUBARU東京モーターショー
インプレッサ スポーツのマイナーチェンジ、SUBARU XVの一部改良モデルも出展【東京モーターショー2019】
SUBARUブースの東京モーターショー
SUBARUから新型レヴォーグのプロトタイプが登場【東京モーターショー2019】
公式ツイッター(@TrollinMitaka)でつぶやくジョージ(常時)くん
スバルマニアが5時間は過ごせる三鷹「STIギャラリー」はこんな場所だった!【STI Gallery】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事