マジすげえ!(語彙力) プロパイロット2.0で手放し運転を初体験【日産スカイラインGTタイプSPハイブリッド】

スカイラインHV プロパイロット手放し運転

●「運転アシスト」プロパイロット2.0は、ドライバーや同乗者を一切不安にさせない仕上がり

クルマが進む新たな道のひとつ「自動運転」。そうした自動運転への道のりのなかで、一歩抜きんでたのが日産のスカイラインです。国産初となるハンズフリードライブを体験しました。

スカイラインHV前7/3スタイリング
日産エンブレムが復活したことで、日本のスカイラインが戻ってきたという印象のエクステリア

試乗車は2019年7月にマイナーチェンジが行われたスカイラインです。現行スカイラインはデビュー時に日産エンブレムではなくインフィニティエンブレムで登場しましたが、今回のマイナーチェンジでエンブレムをふたたび日産に戻しました。それと同時にハイブリリッドモデルに進化したADAS(先進運転支援システム)のプロパイロット2.0を搭載しました。

スカイラインHV後7/3スタイリング
スカイラインはこうでなくては……と思わせる丸目4灯のリヤコンビが戻ってきた
スカイラインHVインパネ
T字デザインでキレイな配置のインパネ。ナビ画面はちょっと小さい印象

プロパイロット2.0の最大の特徴は高速道路でのハンズオフドライブを可能にしたことにあります。従来はステアリングから手を離すと注意されたものが、プロパイロット2.0では条件を満たしているときには、ステアリングから完全に手を離してドライブができるようになったのです。

スカイラインHV エンジン
ハイブリッド用エンジンは3.5リットルで306馬力

試乗会のベースは山梨県の河口湖周辺です。まずはナビゲーションで目的地を設定します。今回は大月インター近くの大月市役所に設定しました。

ナビの案内に従って、河口湖インターから中央自動車道河口湖線に流入します。料金所ゲートを通過し、本線に入るまではドライバーが速度、ステアリングともに操作します。本線流入後に右ステアリングスポークにあるプロパイロットのスイッチをオン、続いてセットボタンを下向きに操作してプロパイロットを作動させます。

スカイラインHV スイッチ類
プロパイロット系のスイッチはステアリング右スポーク上に集中
スカイラインHV プロパイロット操作方法
操作方法は単純でわかりやすい

セットボタンの操作とほぼ同時というタイミングでメーター内のプロパイロット系インフォメーションが緑色となり、ハンズオン、つまりステアリングから手を離さないでのドライブが可能である状態となります。

この状態は従来型プロパイットと同じ作動となります。およそ2秒後、インフォメーションが青に変わり、ハンズオフつまり手放し運転が可能な状態となりました。その印象は「マジすげえ」です。

スカイラインHV プロパイロット作動インフォメーション
緑色の状態は従来のプロパイロットと一緒でハンズオン走行が可能
スカイラインHV インフォメーション画像青
ハンズオフ走行が可能な状態になるとインフォメーションが青色になる

躊躇せずにステアリングがから手を離すと、何もなかったかのようにクルマが走り続けます。クルマは車線の中央を維持し続けますが、その際の動きがまったく無理がないのです。ドライバーがクルマの動きを調整しながらステアリングを切っているような感じです。

これが実現できているのは、スカイラインのステアリング機構がバイワイヤであることと、3D高精度マップによる緻密なコントロールが生かされた結果と言えます。

スカイラインHV プロパイロット手放し運転
ステアリングから完全に手を離してもアラートは出ない
スカイラインHV プロパイロット 前方低速車出現
前方の低速車に追いつくと追い越しを促されるが、規制速度での走行なので、滅多にこの場面には出くわさない

プロパイロット2.0が作動するためにはいくつかの条件があります。なかでも大きな条件が60km/h以上でかつ制限速度内で走行していること、3D高精度地図データが存在する高速道路であることなどです。システムが道路標識を読み取って速度を調整しますので、プロパイロット2.0を利用して走るということは、渋滞でない限りつねに制限速度で走ること(設定で+10km/hにできますが、標識検知で速度が下がるときは標識速度まで下がります)になります。

スカイラインHV プロパイロット標識検知機能
道路標識を読み取って、制限速度を自動調整する

中央道河口湖線を大月方面に向かって走り、新設された富士吉田西桂スマートICに近づくと、インフォメーションの表示が青から緑に変わりステアリングに手を添えるように促されます。この部分の3D高精度地図データが存在しないかららしく、ICを過ぎてしばらくするとふたたび表示が青になり、ハンズオフ走行が可能となりました。

スカイラインHV プロパイロット地図データエリア
3D高精度地図データのエリアはどんどん広がる。このデータは地図メーカーのゼンリンのものを使う
スカイラインHV 地図データ説明イメージ
3D高精度地図データが存在しない地域では、ハンズフリードライブはできない

都留ICを過ぎ、少し進むと大月方面に行くために右に車線変更を促されます。この際もステアリング右スポーク上のスイッチを押すだけで自動的に車線変更を終わらせます。車線変更の動きはじつにスムーズで人間が運転しているときと変わらない動きです。

スカイラインHV プロパイロット 合流差車線表示
流入路やバス停など、合流車線があると注意が促されるが、流入側車線でなければこのアラートはでない

そのままトンネルに入り、少し走ったところでインパネ内の表示が青から緑になりステアリングを持つことを促されます。トンネル内はGPS信号が受信できないので、ハンズオフ走行はできないというわけです。

スカイラインHV 前方注意アラート
前方を向いてない状態になると、アラートが出て、前方を向くように促される。従わないと最後はクルマを停止させ、オンラインでオペレーターから確認され、それでも反応がない場合には、警察や救急にオペレーターから連絡がいく
スカイラインHV ドライバー監視システム
ドライバーがきちんと前を向いているかなどは、ダッシュボード上のモニターなどで監視されている

トンネルを出るとすぐに流出路となるため、ハンズオフのままでの流出路への車線変更は試せませんでしたが、復路で河口湖インターを出る際は、手前1km程度から案内が発せられ、手順に従ってステアリング右スポーク上のスイッチを操作すると絶妙のタイミングでウインカーが作動、続いてステアリング、速度が制御されスムーズに流出しました。

スカイラインHV プロパイロット表示
プロパイロット2.0のインフォメーション。情報量はかなり多いが、見やすく直感的で使いやすい。
スカイラインHV プロパイロット不作動条件
プロパイロット2.0が使えない場所は数多く存在する。工事現場などではパイロンを検出し、作動を止めハンズオンになる

日産はカタログにこのプロパイロット2.0について「自動運転ではありません」と明記しています。確かに自動運転ではなく、運転支援ではありますが、間違いなく自動運転へ踏み出していることはたしかです。

長距離運転時の単調な高速走行をアシストしてくれるのは、かなり助かります。そして、その運転アシストがドライバーや同乗者を一切不安にさせない仕上がりになっているところは大きく評価されるべきでしょう。

(文/写真・諸星陽一)

『日産・スカイライン』の最新記事
日産の意地を感じさせる自社製ターボエンジンの気持ちのいい走り【新型スカイライン試乗記】
【最新スカイライン V6ターボモデル】往年の直6時代をほうふつとさせる官能的な加速フィール!
日産スカイライン
「プロパイロット2.0」は素晴らしい技術だが、手放し運転の「実用性」は今ひとつ!?【新型スカイライン試乗記】
最新のスカイライン ハイブリッドに試乗。FRの重厚な走りは自然なフィール
400馬力でFR! かつての「スカイライン RS」を彷彿とさせる400R【日産スカイライン400R】
スカイラインHV プロパイロット手放し運転
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事