屋根が開くSUVがこれから流行る!? 9秒で開閉可能なフォルクスワーゲン新型オープンSUV「T-Rocカブリオレ」初公開!

VW T-Roc外観03

■T-Rocをベースに幌屋根化。約30km/hまでなら走行中でも開閉できる

フォルクスワーゲンのクロスオーバーSUV、「T-Roc」に設定される派生オープン「T-Rocカブリオレ」、及び「T-RocカブリオレR Line」が世界初公開されました。

VW T-Roc外観03
世界初公開されたT-Rocカブリオレ(R-Line)
VW T-Roc外観05
T-Rocカブリオレの幌を閉じた状態。クーペっぽいシルエットがスタイリッシュ

T-Rocは、2014年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルが公開され、2017年から発売が開始されています。「ティグアン」の下に位置し、同ブランド第4のSUVモデルとして人気を博しています。また2019年3月のジュネーブモーターショーでは、最強モデル「T-Roc R」がワールドプレミアされました。

VW T-Roc外観02
T-Rocカブリオレには1リットル直3エンジンと1.5リットル直4エンジンを用意

ルーフはクラシックなファブリックタイプを採用。9秒で自動開閉できるほか、走行中でも最大30.5km/hまで操作が可能だといいます。ルーフが収納されるため、トランクスペースが縮小されている(容量161リットル)のは仕方ないでしょう。

VW T-Roc外観07
T-Rocカブリオレのトランク。161リットルの容量を確保

注目は、「T-Roc」のルーフを単に取り外しただけではなく、車両の構造と車体まで大幅に変更されたところです。アンダーボディ、サイドパネル、クロスメンバー、ドア、フロントガラスフレームに至るまで構造が強化されています。ホイールベースが37mm、全長が34mm延長されていることからも、その変貌ぶりが見てとれます。

VW T-Roc外観06
T-Rocカブリオレはクローズドモデルに対してホイールベースが37mm、全長が34mm延長されている

パワートレインは、最高出力113hpを発揮する1.0リットル直列3気筒ガソリンエンジン、及び最高出力148hpを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンの2種をラインアップ。それぞれ7速DCTと組み合わされるほか、1.0リットルモデルには6速MTも用意されます。

ワールドプレミアの場は9月のフランクフルトモーターショーが予定されています。

VW T-Roc外観08
T-Rocカブリオレ。こちらはR-Lineではない標準モデル

(APOLLO)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
VWのロゴマークが変わった理由は「ディーゼルゲート」にあり?【フランクフルトモーターショー2019】
日産リーフ最大のライバルが登場!? フォルクスワーゲンのEV「ID.3」は、ドイツでは補助金により小型車並の価格に!?【フランクフルトモーターショー2019】
阿久津11
二兎どころか三兎を得てしまっている、フォルクスワーゲン・アルテオン【注目モデルとドライブデート!? Vol.14】
阿久津真央01
美しくて、しっかりと華がある。フォルクスワーゲン・アルテオン【注目モデルとドライブデート!? Vol.13】
世界でイチバン「砂浜が似合うEV」。フォルクスワーゲン ID.バギーコンセプトが示す電動プラットフォームの可能性
VW T-Roc外観03
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事