ゲルハルト・ベルガーの愛機「フェラーリF187」が富士スピードウェイに登場【SUPER GT 2019】

スーパーGT第5戦が開催されている富士スピードウェイに、F1で「記録より記憶に残るドライバー」として名を馳せた名ドライバー、ゲルハルト・ベルガー氏が来場しました。

その目的は、今年の11月に富士スピードウェイにて開催されることが決定した「SUPER GT×DTM特別交流戦」の記者会見に出席することでした(こちらについては別記事にて)。

そこにSUPER GTを管轄するGTAがなんとも粋な計らいを用意していました。それがこちら!

ベルガー氏が1987年のF1鈴鹿グランプリで、記念すべきF1初優勝をポール・トゥ・ウィンで決めたフェラーリF187、その実車を富士スピードウェイに持ち込んでいたのです!

これにはベルガー氏も大変喜んでおられた様子で、今回の記者会見のために金曜日に来日し、日曜朝にはまたヨーロッパに戻るというハードスケジュールの疲れもおそらく吹き飛んだのではないでしょうか。

(H@ty)

『フェラーリ』の最新記事

【新車Ferrari F8 Tributo】フェラーリ史上最強のV8モデルと呼び声の高い「F8トリブート」が日本初披露!価格は約3300万円から
【新車】1000psに達するフェラーリ初のプラグインハイブリッド「SF90 Stradale」がデビュー
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事