125ccのSR? ヤマハYB125SPは新車でも10万クラスで買える、財布にも見た目的にも可愛い相棒だった

●125のキャブ車で価格は139,000円(税込み)!

衰えることのない125人気。数年前まであまり知られていなかった車種も、今となっては結構メジャーになるくらい開拓されているクラスだと思います。

今回ご紹介する125は一応外車。海外ヤマハの激安125です!

YB125SPは同じヤマハのSR400をモチーフにした125ネイキッド。確かにタンクの形や全体的な雰囲気はかなり似ています。

最新モデルではありませんが、海外(特にアジア圏)では超人気なバイクなんです。

タンク、サイドカバーフェンダーなど、今人気のレトロルック。日本では今まで「安いバイク」として詳しい人達の間で認識されていましたが、ここ数年日本国内での流通も増え始め、125人気に伴って注目度は急上昇中です!

エンジンは空冷125cc単気筒。性格もSR400同様、低速のトルクがあるエンジンです。高回転まで回しても伸びはイマイチですが、超低回転からでもスロットルを開ければ吹けあがっていきます

この時代にキャブ、というのも特徴の一つ。キャブレターはガソリンと空気を混ぜ合わせ、エンジンに送り込む装置。ハイテクではありませんが、キャブレターは昔ながらの味があるエンジンフィーリングです。

最近のバイクはみんなキャブではなくインジェクションと言ってコンピューターが勝手にやってくれる装置を付けています。なので最新車と比べたら劣ってしまいますが、逆に今キャブの125なんて新車じゃまず買えません

足回りはベーシックな作りですが、フェンダーやホイールは80年代的なデザイン。一応フルサイズクラスの車体ですが、250などの普通のバイクに比べて一回り小さいサイズ感です。

リアの車高が若干下がっているので見方によってはアメリカン的なテイストも。純正でキャリアが付いているので荷物を縛ってもよし、ボックスを付けても良し、オーナーの好みに合わせてスタイル重視にも実用性重視にも振れます。

メーターはスピードとタコの二連ですが、プレートで繋がっていて、センターにはシフトインジゲーター付き。インジゲーターだけちょっとテイストが違うので一瞬「お?」となりましたが、しばらく見てるとなんかこのメカ感が良く感じてきます笑。

YB125SPは139,000円(税込み)で購入可能。新車でこの価格はめちゃくちゃ安い…!

日本ではSOXが代理店として販売しています。様々な遊び方ができそうなこのバイク。

次回は実際に乗ってみて、使ってみてどうなのか、詳しくインプレッションしていきます!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『ヤマハ発動機』の最新記事
歩道走行
3輪電動立ち乗り車「ヤマハ ・トリタウン」が歩道を走行! 国産パーソナル・モビリティで初の公道実証
ついにバイクが服を着る時代へ!ヤマハが発表した人とマシンが服を共有する価値観がマジで新しい【人機官能】
ヤマハ ソーシャルカート SC-1
ヤマハ発動機がソニーと共同開発したエンタメ専用の自動運転&電動カート「SC-1」を使ったサービスを11月1日から沖縄で開始
ヤマハ発動機「SC-1」
ヤマハ発動機とソニーが共同開発した低速EVの「SC-1」は、クルマとエンターテインメントを融合
ヤマハYB125SPはスクーター並みに気軽に乗れて街乗りが5倍楽しくなる激安125だった!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事