【新車】スバルのフラッグシップ、新型レガシィ&アウトバックの生産がスタート

■7代目レガシィ、6代目アウトバックの発売は北米市場で2019年秋の予定

2019年2月のシカゴオートショーで世界初公開された7代目レガシィ(セダン)、4月のニューヨーク国際オートショーで初公開された6代目アウトバック(クロスオーバーSUV)は、言わずと知れた兄弟モデルですが、その生産がメインマーケットである北米の生産拠点「SIA」で始まったことが発表されています。

インプレッサやフォレスターに採用された次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」に基づいた新型レガシィ&アウトバックはパワートレインも一新されています。2.5L 水平対向4気筒エンジンは北米仕様で182馬力へとパワーアップ、さらに260馬力の水平対向ターボエンジンもラインナップに加わっています。いずれもトランスミッションは「リニアトロニック」と呼ばれるCVTで、マニュアル8速モード付き。パドルシフトも備わります。

先進安全装備ではスバルのコアテクノロジーである「アイサイト」はもちろん、「ドライバーモニタリングシステム」の採用など、より安心と安全を高めた仕様となっているのが特徴。インテリアではタブレットスタイルの11.6インチディスプレイが、フラッグシップモデルらしい先進性をアピールします。

北米でのメーカー希望小売価格は、レガシィが22,745ドル~35,895ドル。アウトバックは26,645ドル~39,695ドルとなっています。スターティングプライスで比較すると旧型からの値上げは200ドル~300ドルと抑えられてれているのも注目といえるのではないでしょうか。なお、北米(アメリカ・カナダ)での発売は2019年秋からの予定。日本でも同時期の発表が期待されます。

(山本晋也)

『SUBARU』の最新記事
冬の名物・SUBARUゲレンデタクシー2020の会場で「SUBARU冬のオフ会」が開催中!
STIパフォーマンスパーツを採用たインプレッサ スポーツに試乗。その仕上がりは?
新型レヴォーグSTI Sport(東京オートサロン)
最大熱効率40%超! スバル新型レヴォーグの1.8Lターボエンジンはリーンバーン採用で高効率を実現【SUBARU技術ミーティング】
SUBARUが2020年代前半にトヨタのTHSを使ったストロング・ハイブリッドを搭載へ。アイサイトはAIを使用
アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。新しくなったバンパーデザインでルックスも変更【最新インプレッサ スポーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事