日産のカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」が石垣島でもスタート。好評を得ている利便性の高さとは?

NISSAN e-シェアモビ

●石垣島に日産リーフが上陸。災害時の電力源となる移動型蓄電池としての活用も

日産自動車は2019年7月26日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のステーションを沖縄県石垣島にオープンしました。

観光客に人気の石垣島でオープンされるステーションは、石垣市役所、石垣市真栄里、「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」の3か所で、市役所と真栄里には電気自動車(EV)の日産リーフを各1台ずつ、フサキビーチリゾートにはコンパクトカーのノートe-POWERが1台、計3台が配備されています。

NISSAN e-シェアモビ
NISSAN e-シェアモビを石垣島でも開始

沖縄県では、今年3月にオープンした名護市に続くステーションのオープン。夏休み本番を迎えたこれからの観光シーズンに向け、石垣島に訪れる主に島外の観光客などに向け、サービスを提供していくとしています。なお、石垣島では、現在、島内で電動バイクのシェアリング事業を展開しているe₋SHARE石垣と協力して運用されるそうです。

2018年1月にスタートした「NISSAN e-シェアモビ」は、日産自動車のピュアEVとシリーズハイブリッドで電動駆動のみとなるe-POWERを使ったカーシェアリングサービスで、電動化車両ならではのドライビングの楽しさと快適さを体験できる電動化技術と、先進運転支援技術や自動駐車機能などの知能化技術を経験してもらうのが狙いとしています。

NISSAN e-シェアモビ
免許証がIDカードになり、15分単位から利用可能で、利用時の距離料金も追加発生しない

さらに、免許証がそのままIDカードになり15分単位から利用できること、利用時の距離料金が追加発生しないこと、さらには毎日清掃が実施されることなどが多くのユーザーから好評を得ているそうです。なお、「NISSAN e-シェアモビ」は、全国に528のステーションが設置されています(19年6月末現在)。

同社は今後、石垣島の「NISSAN e₋シェアモビ」で使われる日産リーフを、災害時の電力源となる移動型蓄電池として活用することなどを視野に入れ、石垣市と連携して様々な電気自動車の可能性を検討していく予定としています。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

スタイリッシュな外観が魅力。日産・NV350キャラバン プレミアムGX アーバンクロムが新登場
日産NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」
【新車】踏み間違い防止アシストも用意。日産のNV100 クリッパー リオ「チェアキャブ」が一部改良で先進安全装備を充実
日産セレナ「AUTECH」
【新車】セレナのMCにあわせて、オーテックジャパンのカスタムカーと福祉車両もマイナーチェンジ
【新車】日産・セレナがマイナーチェンジ。ダブルVモーショングリルでリッチな雰囲気に変身
日産リーフ
日産の営業利益99%減。世界で1万2500人を削減、車種も1割減らして電動化車両の投入で回復を目指す
NISSAN e-シェアモビ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事