【新車】ミッドシップ化された新型「シボレー コルベット スティングレイ」がデビュー

●6.2L V8 LT2エンジン+DCTにより495hp/637Nmに到達

シボレーは、コルベット初となるミッドシップエンジンが搭載されたC8型「シボレー コルベット スティングレイ」を発表しました。

新型「コルベット スティングレイ」はシボレーモデルの集大成と位置づけていて、かつてない新次元のパフォーマンス、最先端技術、最上級のクラフトマンシップ、ラグジュアリーを提供すべく新たに開発されています。

2020年式の新型「シボレー コルベット スティングレイ」の外観

2020年式「シボレー コルベット スティングレイ」のデザインは、航空機とレーシングカーをルーツとしていて、キャノピー(風防)をフロント寄りに置いたデザインは、まさにF22やF35といった最新のジェット戦闘機やF1レーシングカーにインスパイアされたものだそう。

2020年式の新型「シボレー コルベット スティングレイ」のフロントマスク

「コルベット スティングレイ」には、印象的なフロントマスク、水平方向に流れるクラシックなプレスライン、アグレッシブなフロントフェンダー、コルベットならではのデュアルエレメントヘッドランプが含まれ、コルベットのクラシカルなデザイン要素を受け継いでいます。

新型コルベットのヘッドライトまわり

フロントからミッドシップエンジンに移行したことで、本格スーパースポーツカーへの転身といえます。新たにミッドシップエンジンレイアウトを採用したことで「コルベット スティングレイ」は大きな進化を遂げています。

2020年式新型「シボレー コルベット スティングレイ」のサイドビュー

ミッドシップ化によりリヤ寄りの重量配分になり、ストレートおよびサーキットでのパフォーマンスが向上。フロントアクスル寄りのドライビングポジションが可能になり、レスポンスと操作性が引き上げられたとしています。

6.2LのスモールブロックV8 LT2エンジン

ミッドにマウントされる、シボレーの次世代型6.2LのスモールブロックV8 LT2エンジンを搭載。同セグメントで唯一の自然吸気型V8は、パフォーマンスエキゾースト装着時で最高出力495hp(369kW)、最大トルク470lb-ft(637Nm)に達します。エントリーレベルのコルベットとしては過去最大のパワーとトルクになります。これにより、エントリーモデルのコルベットとしては歴代最速を達成。「Z51」パッケージを装着した際の0-60mph加速タイムは、3秒以下だそう。

6.2LのスモールブロックV8 LT2エンジン

さらに、パワートレーンを低い位置に搭載することで低重心化を図り、ハンドリングも向上したとしています。最も大きくアップデートされたのは、潤滑およびベンチレーションシステム。ベースグレードモデルに、エンジン取り付け型のドライサンプオイルシステムと3基のスカベンジポンプが初めて採用され、サーキット走行時のための潤滑性能が高められています。

これにより本格的なサーキット走行中に、エンジン内のオイル容量を維持し、パフォーマンスの低下を抑制。新型「コルベット スティングレイ」では旋回性能が大幅に向上しているため、LT2のドライサンプ潤滑システムは、1Gを超える横方向加速度があらゆる方向に加わっても、卓越したエンジンパフォーマンスを発揮できるように設計し直す必要があったそうです。

リヤハッチに、3.2mm厚の軽量なガラスパネルを用意

また、リヤハッチには、3.2mm厚の軽量なガラスパネルが備わり、魅力的なビジュアルを演出する要素になっているほか、LT2エンジンルームの熱を排出するためのトレーリングエッジも用意されています。

次世代LT2エンジンに組み合わされるトランスミッションは、シボレー初の8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)で、素早いシフトと優れたパワー伝達が可能になっています。

トレメックと共同開発されたデュアルクラッチトランスミッションを初採用

このトランスミッションはTREMEC(トレメック)社と共同で専用開発したもので、マニュアルのようなダイレクトな操作感とオートマチックならではの極上の快適性を得たそうです。ダブルパドル式のクラッチ解除機構が備わっていて、ドライバーが両方のパドルをフォールドすると、クラッチの接続を解除することができるため、よりマニュアルに近い操作が可能。パドルシフターにより、ドライバーは特定のギアを選択することができます。

さらに、スモールブロックの新型V8エンジンは、専用のDCTの利点でもある素早いシフトチェンジを生かせるよう、トルクカーブが最適化されています。エンジニアは、DCTの1速ギア比をきわめて低く設定することで、トラクションを高めて素早い発進加速を可能にし、2速から6速まではクロスレシオ設定として、サーキット走行においてエンジンのパワーピークを維持しやすいようにされています。7速と8速は、高めのギア比に設定されていて、ゆったりとした長距離走行を可能にしつつ負荷を軽減し、燃費の向上が図られています。

加えて、このDCTには新しい電子制御トランスミッションレンジセレクターが組み合わされます。電気式シフターには、シフトレバーとトランスミッションの間に機械的なインターフェースが存在しません。

コルベットの電気式シフターには、リバースとドライブ用のプル式トグルスイッチと、パーキング、ニュートラル、ロー/マニュアル用のプッシュボタンスイッチが備わっていて、標準のシフターよりもコンパクトなデザインに仕上げられています。

2020年式新型「シボレー コルベット スティングレイ」のインパネ
ゴルフバッグの積載にも対応

ミッドシップ化の利点はまだあります。ボンネット、インパネ、ステアリングホイールを低く配置したことで、路面の視認性の高さはレーシングカーと同等していて、ドライバーと同乗者に対して優れた前方視界を提供するとしています。

実用面も向上しているそうで、前後のデュアルトランクにより、約357Lの荷室容量を確保。旅行の荷物や2セット分のゴルフクラブを収納することが可能だそうです。

(塚田勝弘)

『シボレー』の最新記事

ラスト・C7コルベットをド派手に装飾! 金ピカ仕様のカスタムモデルが初公開
【新車】第6世代のシボレー・カマロがさらに進化。デビュー記念の特別仕様車も登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事