ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載

●心機一転巻き直し! 次期型Fタイプは内外を一新

ジャガーの2ドア・ピュアスポーツクーペ「Fタイプ」の次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

Fタイプは、2011年に公開されたコンセプトカー「C-X16」をベースに市販化され、2013年にデビュー。日本市場にも同年5月から導入されていますが、北米では販売台数が伸びず、ライバルのポルシェ「ボクスター」「ケイマン」合計台数を下回る状況が続いています。

しかし、ジャガーではFタイプをスポーツカーセグメントから撤退させる予定はないとし、次期型の開発に着手したようです。

ニュルで捉えた開発車両は大刷新されるフロントマスクが見てとれます。フルカモフラージュされているものの、バンパーから太く縦に伸びていたヘッドライトは、薄くシャープな横型へ刷新され、アストンマーティン「ヴァンテージ」を彷彿させる大型グリルが確認できます。

リアエンドでは、スポーティなテールライトの一部が確認できるほか、大径のセンター出しエキゾーストパイプを装備しています。ただし、グレードにより異なる排気口も予想されるでしょう。

パワートレインは、馬力が向上すると見られる2.0リットル直列4気筒エンジン、及び3.0リットルV型6気筒エンジンをラインアップしますが、注目はこれまでジャガーブランドに搭載されてきたフォード製5.0リットルV型8気筒との決別です。

次期型では、よりパワフルなBMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンの搭載が予想されており、今後ランドローバーブランドへも派生すると思われます。さらに、プラグインハイブリッドやフルEVモデルの設定も期待できそうで電動化も進みそうです。

ワールドプレミアは、2020年内が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ルノー メガーヌRS トロフィー R外観_001
ニュル絶対王者は譲らない! メガーヌの最強モデル「R.S.トロフィーR」がさらに進化
フォード ブロンコ ベイビー外観_001
デザイン大予想! 24年ぶりに復活するブロンコに「ベイビー」が誕生
フォード マッハE 予想CG
これが噂の「マッハE」? マスタングからインスパイアされたEV SUVが11月にも発表
BMW M5外観_002
新型 vs 現行モデル! BMW M5の改良モデルに625psを発揮する最強モデルが追加
ホンダ リッジライン外観_001
アコード ハイブリッドからシステムを移植。「リッジライン」にハイブリッドモデルが設定?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事