【SUPER GT2019】もっと暑くなれば?課題はあるものの収穫もあったModulo勢のタイ予選

もう一台のModulo勢、Modulo EPSON NSX-GTはどのような予選だったのでしょう。

結果としてはQ2進出ならずではありましたが、その感触は手ごたえの高いものであったとのこと。

「(前戦の)鈴鹿と比べてみればクルマはかなり走れるようにはなっているので引き続き頑張っていこうと思います」と、Q1を担当した牧野 任祐選手は語ります。

午前中のフリー走行では昨年のタイムを下回ってはいるものの、GT500のNSX-GT勢が低迷している中ではギリギリQ2へ進出できそうなタイムを出していたというModulo EPSON NSX-GT。

昨年並みのタイムが出せれば決勝で大きく飛躍できる可能背を秘めているとも言えます。

このタイでのレースウィークの6月28日に22歳の誕生日を迎えた牧野選手。3年前に初めてこのタイを走った時は19歳で、2位表彰台でのシャンパンファイトでも制限があったとのこと。「今ではシャンパンも飲めますから」と冗談めいた発言で周囲を笑顔にしていました。

決勝レースはタイ現地時間で30日15時、日本時間で17時から始まります。Moduloの2台の活躍やいかに!

(写真:松永和浩・高橋秀彰 文:松永和浩)

『スーパーGT』の最新記事
2020バージョンのレーシングミクサポーターズ衣装のプロトタイプ
グッドスマイルレーシングが体制発表。マシンのカラーリングは東京オートサロン2020で公開!【東京オートサロン2020】
交流戦_レース2_001
3度のセーフティカー導入で大混乱のレース2を制したのは、GT500初優勝のあのドライバー!【SUPER GT・DTM交流戦】
Modulo Epson NSX-GTのスターティンググリッドはフロントロー
Modulo Epson NSX-GT、ドライとなったレース2で圧倒的勝利!【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース2_04
スーパーGTとは違った楽しさで盛り上がったスプリントカップ【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース1_01
予想外の展開に大興奮!スプリントカップは劇的な結末が待っていた!【SUPER GT・DTM交流戦】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事