ルノー・カングーが13年ぶりフルモデルチェンジ! 次期型は電動化を加速

●新型カングーはフルEVをはじめPHVをラインナップ

ルノー「カングー」の新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

ルノーは、1997年に初代『カングー1』を発売。背の高いラゲッジルーム、ストレージスペースも持ちつつも優れた乗り心地で世界的に高い評価を受け、人気モデルへ成長。日本市場へは2002年に投入されました。

2007年には第2世代となる『カングー2』が発売、多彩なカラーやアイコニックで個性的なデザイン・高い機能性を兼ね備え、引き続き日本でも根強い人気を誇っています。

しかし、シトロエン「ベルランゴ」、プジョー「ビッパー」、VW「キャディー」、フォード「トランジッド」など強力なライバルたちが追従してきており、第3世代へのバトンタッチに期待がかかっています。

捉えたプロトタイプは、開発初期段階のためフルカモフラージュされていますが、そのチャーミングなボディスタイルがキープされていることがわかります。

次期型ではヘッドライトにルノー最新世代のコの字型LEDデイタイムランニングライトが予想されるほか、グリルに2本バーを装備、フロントエアインテークが上下二分割されます。

注目はエキゾーストシステムを持っていない点で、この開発車両がフルEVの可能性があることを示しています。カングーはすでにEVバージョン「カングーZ.E.」を欧州で販売しており、その新型コンセプトが4月に公開されたばかり。カングー次期型は、このコンセプトからインスパイアされたデザインが予想されています。

予想されるパワートレインでは、最高出力80ps、95ps、115psを発揮する1.5リットルdCiディーゼルエンジンのほか、このフルEVをはじめPHVなど電動化が進みそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事