スズキ アルト・ラパンが一部改良。安全と快適装備を強化

●安全装備の強化により「サポカーS ワイド」に対応

2019年6月17日、スズキはアルト・ラパンを一部改良し、安全装備を強化させて同日より発売すると発表しました。キュートなデザインとカラーコーディネイトが特徴のアルト・ラパンは、内・外装に「隠れウサギ」が配されていて、遊び心を感じさせる仕掛けも魅力です。

今回の一部改良では、スズキの予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させ、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などが全車に標準装備されています。

具体的には、デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、標識認識機能(車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度)を搭載し、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを用意。

これにより、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当。

同時に、「X」にカジュアルな「キャメル」と華やかな「スカーレット」の2つから選べるシート表皮が設定されています。ほかにも、「G」と「L」にオートライトシステムを装備され、「G 2WD」に運転席シートヒーター、「G 4WD」に助手席シートヒーターを用意。

アルト・ラパンの価格帯は、5AGS(2ペダルのシングルクラッチMT)が1,107,000円〜1,217,160円。CVTが1,227,960円〜1,514,160円。エンジンはNAのみですが、CVTはエネチャージ仕様になっています。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事
ついにマン島TTレース初優勝
鈴木自動車は1962年、2ストローク単気筒エンジンのRM62で「マン島TT」初代50ccクラスの王者に【スズキ100年史・第5回・第1章 その5】
鈴木道雄社長
画期的な格子柄の織機から生まれたスズキを、軽自動車の歴史とともにふりかえる【スズキ100年史・第1回・第1章 その1】
1981_gsx1100s
日本初のスピードメーター搭載車やジウジアーロデザインのロータリーエンジン車も展示【スズキ歴史館 2輪車編】
1993_wagon_r
ジウジアーロのフロンテクーペ、47万円アルト、ワゴンR…スズキ100年の歴史をクルマたちで振り返る!【スズキ歴史館 4輪自動車・後編】
1970_jimmny
織機から始まった! スズキ創立100周年を機にスズキの歴史を見に行こう!【スズキ歴史館 4輪自動車・前編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事