スズキ アルト・ラパンが一部改良。安全と快適装備を強化

●安全装備の強化により「サポカーS ワイド」に対応

2019年6月17日、スズキはアルト・ラパンを一部改良し、安全装備を強化させて同日より発売すると発表しました。キュートなデザインとカラーコーディネイトが特徴のアルト・ラパンは、内・外装に「隠れウサギ」が配されていて、遊び心を感じさせる仕掛けも魅力です。

今回の一部改良では、スズキの予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させ、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などが全車に標準装備されています。

具体的には、デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、標識認識機能(車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度)を搭載し、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを用意。

これにより、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当。

同時に、「X」にカジュアルな「キャメル」と華やかな「スカーレット」の2つから選べるシート表皮が設定されています。ほかにも、「G」と「L」にオートライトシステムを装備され、「G 2WD」に運転席シートヒーター、「G 4WD」に助手席シートヒーターを用意。

アルト・ラパンの価格帯は、5AGS(2ペダルのシングルクラッチMT)が1,107,000円〜1,217,160円。CVTが1,227,960円〜1,514,160円。エンジンはNAのみですが、CVTはエネチャージ仕様になっています。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事

【新車】スズキ・ソリオに夜間の歩行者も検知する安全装備を用意した「GX2」と「GX4」を設定
【新車】スズキ・イグニスに、お買い得感の高い価格設定が魅力の「HYBRID MGリミテッド」が設定
【新車】スズキ・クロスビーに「スターシルバー」のアクセントカラーを採用した特別仕様車が登場
スズキが「アルト」をパキスタンで販売開始。日本仕様と同じボディサイズで、660ccエンジンを搭載
【新車】スズキ・エブリイ/エブリイワゴンに衝突被害軽減ブレーキ、後退時の衝突被害軽減ブレーキなどを設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事