2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!

■中嶋一貴が日本人初のWECチャンピオン!

●ロードバージョンGRスーパースポーツの開発が進む

2019年のル・マン24時間耐久レースにおいて、トヨタはワンツーフィニッシュを飾りました。ライバル不在とはいえ、1000馬力のハイブリッドレーシングカー2台を24時間走らせて完走させるというのは、けっして生半可なことではないでしょう。そして、8号車のドライバーの一人である中嶋 一貴 選手は日本人として初めてWEC(世界耐久選手権)チャンピオンとなりました。

さて、これによってWEC2018-2019年スーパーシーズンは終了したのですが、すでに次シーズンへの動きは始まっています。トヨタは2019-2020スーパーシーズンもこれまで同様LMP1クラスへの参戦を発表しています。それだけではありません。さらに先、レギュレーションが大きく変わる2020-2021スーパーシーズンへのチャレンジについても公式リリースを出しています。

2020-2021スーパーシーズンへのエントリーマシンは、GRスーパースポーツ(ロードカー)をベースとしたプロトタイプになる予定。GRスーパースポーツについては2018年の東京オートサロンにおいてトヨタGAZOO Racingとして開発が始まったことを発表、その試作機といえる車両を展示しています。市販スーパースポーツカーをベースにWECを戦うというわけです。

開発が進むGRスーパースポーツのロードバージョンについては、ル・マン24時間に合わせてトヨタ自動車の豊田 章男 社長と友山 茂樹 GAZOO Racingカンパニープレジデントによるテストドライブの様子を写した映像も公開されています。吐く息が白いことから、冬場のテストであることが想像できる映像では、小林 可夢偉選手の姿も確認できます。

また、この映像ではGRスーパースポーツのインテリアもチラリと公開されています。サイドミラーはフェンダーに置かれていますが、バックミラーはレーシングカー同様のカメラタイプ。カーボン素材がそのまま見えるスパルタンなコクピットは、はたして市販時にどのように仕上げられるのでしょうか。

(山本晋也)

『トヨタ自動車』の最新記事

【新車】トヨタ・コースターがマイナーチェンジ。 ディーゼルエンジン仕様に尿素SCRシステムを搭載し、エコカー減税の対象に
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
【新車】トヨタ・クラウンに「こがね」色の内装色を選択できる特別仕様車「Elegance Style」が設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事