【新車】ボルボ・V60のPHVモデル「T6 Twin Engine AWD」に、659万円のベースグレード「Momentum」を追加

●V60シリーズの一部改良と同時に、PHVモデルにベースグレードが追加

上質かつスムーズな走りが魅力のボルボV60のプラグインハイブリッドモデル「T6 Twin Engine AWD」に、ベースグレードとなる「Momentum(モメンタム)」が追加されました。一部仕様と価格が変更され、同日より発売されています。

これまで上級グレードの「Inscription(インスプリクション)」のみだった「V60 T6 Twin Engine AWD」に加わったベースグレードの「Momentum」は、ボルボ全てのプラグインハイブリッドのラインナップ中でも価格が抑えられた仕様になります。

プラグインハイブリッドモデルの「T6/T8 Twin Engine AWD」は、ガソリンエンジンで前輪、モーターで後輪を駆動するAWD(4WD)。

エンジンとモーターの連携により燃費消費量およびCO2排出量を大幅に低減。
また、2つの動力源のコンビネーションにより静粛性を保ちながら、モーターのアシストによる俊敏な加速やスムーズな発進加速も魅力です。「T6」と「T8」に搭載されるモーターは同一ですが、エンジン出力が異なっています。

新たに加わった「T6 Twin Engine AWD」のエンジンスペックは253PS/350Nm、モーターは65kW(87ps)/240Nm。また、搭載されるリチウムイオンバッテリーは、事故の衝撃に耐えるための強固なケースに収容されており、フロアトンネル内に搭載されていることで前後重量バランスの適正化と低重心化をもたらし、バランスのよいハンドリングと優れた快適性が得られるとしています。

さらに今回、「T6/T8 Twin Engine」の駆動用リチウムイオンバッテリーの容量が30Ahから34Ahに拡大され、EV走行距離が向上しました。なお、「T6/T8 Twin Engine」のWLTCモードによる燃料消費率は13.7km/L、プラグインレンジが48.2km/Lです。

同時にV60シリーズの一部改良も実施され、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能 「BLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」にステアリング・アシスト機能が追加されています。

車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じるとステアリングを修正し、衝突回避をアシスト。また、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」にステアリングホイールの微振動によりドライバーに一時解除を知らせる新機能も加わっています。

V60の価格帯は「V60 T5 Momentum」が499万円、「V60 T5 Inscription」が599万円、新たに設定された「V60 T6 Twin Engine AWD Momentum」が659万円、「V60 T6 Twin Engine AWD Inscription」が759万円、「V60 T8 Twin Engine AWD Inscription」が829万円です。

(塚田勝弘)

『ボルボ』の最新記事
新型ボルボS60に30台限定で設定された「S60 T8 Polestar Engineered」は919万円でも即完売の勢い!?【新車】
ドイツプレミアム御三家に対抗できる動的質感と高い安全装備、少し小さくなったボディサイズが魅力【ボルボS60試乗】
ボルボ初の100%電気自動車「XC40 Recharge」は400馬力以上で400kmを走行可能【新車】
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事