世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?

●自動車業界が大きな転換期を迎える契機ともなった「i-MiEV」の発表から10年

世界初の量産型EVであるi-MiEV(アイ・ミーブ)が発表されてから2019年6月5日で10周年を迎えました。ベースとなったi(アイ)は2013年にカタログから落ちていますが、i-MiEVは現在もカタログモデルとして健在です。

リヤ・ミッドシップというレイアウトに、床下の燃料タンク部分にバッテリー、荷室下にモーターやインバーターなどを配置するEV化がハマった格好になり、当初からEV専用化を見据えたようなパッケージにより、10年もの間、愛好されてきたといえるかもしれません。

i-MiEVの登場により、同社が走行中のCO2を含めた排出ガスを発生しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)の量産と販売を世界に先駆けて発表し、これを機に自動車業界が大きな転換期を迎えたのはご存じのとおり。

『三菱自動車』の最新記事

「まちエネ」が三菱自動車の協力のもと、EV・PHEVが毎晩充電し放題となるお得な電気料金プランを開始!
新型パジェロスポーツ
【新車】スマホで操作できる電動テールゲートなど最新装備を用意した三菱自動車の新型パジェロスポーツが世界初披露
【新車】三菱がタイで生産するパジェロスポーツはデフロック可能なスーパーセレクト4WD-IIを搭載
【エクリプス クロス試乗】ガソリン直噴1.5Lターボは「わんぱく」でした
クルマについての自由研究なら三菱自動車へ!? 27年目となる「2019年 小学生自動車相談室」を開設
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事