世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?

●自動車業界が大きな転換期を迎える契機ともなった「i-MiEV」の発表から10年

世界初の量産型EVであるi-MiEV(アイ・ミーブ)が発表されてから2019年6月5日で10周年を迎えました。ベースとなったi(アイ)は2013年にカタログから落ちていますが、i-MiEVは現在もカタログモデルとして健在です。

リヤ・ミッドシップというレイアウトに、床下の燃料タンク部分にバッテリー、荷室下にモーターやインバーターなどを配置するEV化がハマった格好になり、当初からEV専用化を見据えたようなパッケージにより、10年もの間、愛好されてきたといえるかもしれません。

i-MiEVの登場により、同社が走行中のCO2を含めた排出ガスを発生しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)の量産と販売を世界に先駆けて発表し、これを機に自動車業界が大きな転換期を迎えたのはご存じのとおり。

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車アウトランダーPHEV
ビルシュタイン社ダンパーを装着する三菱アウトランダーPHEVの特別仕様車「BLACK Edition」【新車】
三菱自動車 医療用フェイスシールド
三菱自動車が医療用フェイスシールドを岡崎市に寄贈
三菱ミラージュが大幅改良で大胆な顔つきに大変身!!ヘッドライトのOFFが無くなるなど安全面も充実【新車】
三菱自動車が新型MPVのエクスパンダー クロスをフィリピン、タイで発売開始
クラストップレベルの広さと先進安全装備を備えた、新型eKスペース/eKクロス スペースが登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事