世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?

●自動車業界が大きな転換期を迎える契機ともなった「i-MiEV」の発表から10年

世界初の量産型EVであるi-MiEV(アイ・ミーブ)が発表されてから2019年6月5日で10周年を迎えました。ベースとなったi(アイ)は2013年にカタログから落ちていますが、i-MiEVは現在もカタログモデルとして健在です。

リヤ・ミッドシップというレイアウトに、床下の燃料タンク部分にバッテリー、荷室下にモーターやインバーターなどを配置するEV化がハマった格好になり、当初からEV専用化を見据えたようなパッケージにより、10年もの間、愛好されてきたといえるかもしれません。

i-MiEVの登場により、同社が走行中のCO2を含めた排出ガスを発生しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)の量産と販売を世界に先駆けて発表し、これを機に自動車業界が大きな転換期を迎えたのはご存じのとおり。

『三菱自動車』の最新記事

【新車】三菱エクリプス クロスに2.2Lディーゼルターボ仕様が追加。8速ATとの組み合わせで滑らかな加速を実現
三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?
【新型eKワゴン試乗】静かなNAエンジンで加速も良好。ステアリング調整機構など、根本から真面目に取り組んでます
三菱自動車が遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店
【新車】三菱パジェロの国内向け生産が今夏で終了。ファイナルエディションは453万600円で販売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事