トヨタ・GRスープラにMTモデル設定の予兆。サプライズでの登場も?

●MTモデルの準備は完了。 右ハンドル市場の日本をメインに追加設定?

開発途中からMT設定の噂が絶えないトヨタ「GRスープラ」ですが、MTを望むユーザーが拡大すれば、設定される可能性は十分あることがわかりました。

エンジン、プラットフォームなどを共有する兄弟車BMWは、2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載「Z4 sDrive 20i」に6速MTを設定すると発表したばかりですが、それによりスープラ対応への期待が高まっています。

トヨタの広報担当者は、「スープラにMT設定を希望するユーザーは多数います。しかし現在のATモデルのパフォーマンスに自信を持っており、あえてMTの設定は不要との意見もあります。まず、ATモデルを体験して頂きたい」と述べています。

確かに0-100km/h加速3.9秒、1/4マイル加速12.3秒のパフォーマンスを見ればATでも十分でしょう。しかし、コアなファンは現代において、もはやMTよりATの性能が上がっていることは承知しつつ、MTを望んでおり、それをトヨタがどう受け取るの問題のようです。関係者の話から、トヨタ側は上層部からOKが出れば即搭載される準備は整っている模様で、意外と早い段階でサプライズ発表があるかも知れません。

搭載されるグレードは直列4気筒か直列6気筒かは不明ですが、右ドライブ市場である日本をメインターゲットに、オーストラリアやイギリスなどが販売候補となるはずです。

(APOLLO)

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【SZ-R編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「運動性能のバランスは一番!思い切りドライビングが楽しめる」
【SZ編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「SZは一般道で一番穏やかな動き。肩の力を抜いて付き合えるスポーツカー!」
【RZ編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「パワーオーバーに持っていける雰囲気はRZの真骨頂!」
ふと考えてみた。新型スープラの価格690万円は高いのか? あのクルマと比べるとどう!? 
【TOYOTA GR Supra試乗/渡辺敏史】新型「GRスープラ」は『らしい直6』か『軽やかな直4』か? SZ~RZの間には想像以上の差異がある
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事