ホンダ・スーパーカブC125に新色登場! 大人がさらりと乗れるモダンなグレーが追加

落ち着いた色あいの「パールカデットグレー」をスーパーカブC125に追加。「パールニルタバブルー」との2色展開に


世界中で愛されているホンダのスーパーカブですが、その生誕60周年となる2018年に登場したのがスーパーカブC125です。

「実用車」「プロフェッショナルの足」というイメージが強いスーパーカブですが、1958年に登場した当初はまだ四輪の乗用車が普及していなかったため、パーソナルコミューターとして広く一般から愛されていました。

そんなスーパーカブの原点を踏まえつつ、初代スーパーカブ「C100」をモチーフとしたスタイリングをまとい、現代のパーソナルコミューターとして誕生したのが「スーパーカブC125」です。

ヘッドライトをはじめとする灯火類が全てLEDだったり、スマートキーを採用していたり、各部にクロームメッキのパーツを配していたり、大人の所有欲を満たす上級な仕様となっており、約40万円と125ccクラスとしては高額な車両価格にも関わらず、当初の予想を上回るセールスを記録しています。その証拠に、発売当初は国内年間販売台数が3000台でしたが、現在は4000台に引き上げられました。

そんな人気のスーパーカブC125に、このたび「パールカデットグレー」の車体色が追加されました。これまで車体色は「パールニルタバブルー」のみだったので、これからは2色からチョイスできるようになります。

パールニルタバブルーではシートが赤色でしたが、パールカデットグレーはシートが黒色ということもあって、シックな雰囲気を漂わせており、より幅広いライダーにマッチするのではないでしょうか。


(こちらはパールニルタバブルー)

スーパーカブC125の生産国であるタイでは、他にもブラックとレッドの車体色が存在しています。日本でも、さらなるカラーラインナップの充実を期待したいですね。
 

【主要諸元】
ホンダ・スーパーカブC125
全長×全幅×全高(mm):1,915×720×1,000
軸間距離(mm):1,245
シート高(mm):780
車両重量(kg):110
総排気量(cc):124
最高出力(ps/rpm):9.7/7,500
最大トルク(kgm/rpm):1.0/5,000
燃料タンク容量(L):3.7
ブレーキ(前・後):ディスク・ドラム
タイヤ(前・後):70/90-17M・80/90-17M
価格(円・税込):399,600

(長野達郎)

『ホンダ・スーパーカブ』の最新記事

スーパーカブC125のシートがデニム生地に!? カスタム先進国のタイでユニークなマシンを多数捕獲【バンコクショー現地レポート】
このリアリティ、タダものじゃない! 恐るべき再現度の1/12スーパーカブ完成品がアオシマから登場
特別カラーがおしゃれ感と歴史を主張。「ホンダ スーパーカブ50/110ストリート」が限定発売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事