BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

●新型M3は伝統のキドニーグリルがバンパーのインテークと合体!?

BMW「3シリーズ」のハードコアモデル「M3」の市販型プロトタイプを、これまででもっとも軽いカモフラージュ姿でカメラが捉えました。

キャリアカーで輸送中をキャッチした開発車両は、市販型のヘッドライト、バンパー、サイドスカート、張り出したフェンダーなどが初めて露出しています。

注目はフロントエンド、メッシュカバーの下に透けて見えるキドニーグリルです。ワイド化されており、コーナーエアインテークにいたるまで複数の横スラットが確認できます。さらにバンパー下部まで大型されているように見え、まるでレクサスのスピンドルグリルのようです。

これが市販型最終デザインなら、かつてないフロントマスクとなります。現段階では、キドニーグリルとバンパーエアインテークがつながるかは不明ですが、大型グリルを新型「M4」と共有する可能性は高いようです。

フロアパネルの裏も初めて撮影にも成功、クワッドエキゾーストパイプ、簡潔化されたエキゾーストシステムが見てとれます。またフロントとリアのディファレンシャルにフィンが付いている状態からも、4WDシステム「xDrive」搭載モデルと思われます。

アップデートされたパワートレイン情報も入手しました。社内コード「ピュア」「ベース」「コンペティション」と呼ばれる3つのグレードが設定される可能性があることはお伝えしていますが、このうち「ピュア」は最も軽量化されたモデルとなり、最高出力454psを発揮する新開発3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載、6速MTと組み合わされます。「ベース」グレードは最高出力480psを発揮し、最強「コンペティション」は最高出力510psを叩き出します。

また「ベース」と「コンペティション」には、8速ATと組み合わされる「M xDrive」四輪駆動が搭載されるでしょう。

ワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事