風洞実験済みのオプションエアロパーツは「効きすぎ」るので、注意事項あり【新車 MAZDA3】

●見た目だけではなく、実効性能も確認済み。マツダ3の『シグネチャースタイル』

新型のマツダ3 ファストバックに、『シグネチャースタイル』というカスタマイズコンプリートパッケージ用品が装着された車両に触れることもできました。

このパッケージで用意されるフロントアンダースカート、リヤアンダースカート、リヤルーフスポイラー等は全て風洞実験で実効具合が確かめられたものだということです。

たとえばリヤルーフスポイラーはノーマルに対して大きくダウンフォースを発生することになるため、単体で装着するとフロントのリフト量とのバランスが取れなくなってきます。

このためマツダとしては「ダウンフォース量を一定にするためにもエアロパーツはセット装着をお勧めします」とするほど気合入ったアイテムなのです。往年のマツダスピード製品を思わせますね。

同じくシグネチャースタイル・パッケージに含まれるサイドアンダースカートは、その後端にあるカナード的部分に注目です。これは後輪に向かう空気の流れを整えることで空気抵抗を減らしています。

BBSアルミホイールは、ショーモデルの『ビジョンクーペ』のデザインを範にしたものです。

さすがにビジョンクーペほどのコンケーブ(ホイール中央に向かってのスポークのななめ落とし込み)は反映されなかったもの、デザインイメージはきっちりと再現しています。なおこのホイールはノーマルと比べて一本あたり1.5kg軽いとのこと。

他にもエクステリアでは、ブラックのドアミラーガーニッシュが用意されます。また、ボディ面からの飛び出しがほとんどないサイドバイザーなどにも注目です。

インテリアでは前後のドア部分に車名入りのスカッフプレートを用意しました。

またペダル類にも金属のカバーを用意しています。ラゲッジルームでは汚れを防ぐ車名ロゴ入りのマットも準備されました。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『マツダ3』の最新記事
マツダ3 セダン
MAZDA3 セダンに1.5Lガソリンエンジン車が追加。222万1389円からのエントリー価格に【新車】
ハンドリングや乗り心地はどちらが良い? 走りの違いを徹底比較【インプレッサSPORT&MAZDA3比較(走行性能編)】
それぞれのキャラクターが明確な室内。その違いは?【インプレッサSPORT&MAZDA3比較(インテリア・シート・荷室編)】
走りにこだわる国産ハッチバック・ワゴン対決!【インプレッサSPORT&MAZDA3比較(車両概要とエンジン)】
MAZDA3
「引き算の美学」が世界に認められた。MAZDA3が2020年「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事