【SUPER GT 2019】富士500kmは雨でチャンス!一時は3位まで登ってきたModulo KENWOOD NSX GT3 (PR)

5月4日に行われたスーパーGT第2戦「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」の決勝レース。

このレースの予選で8番手のポジションを得たGT300 34号車Modulo KENWOOD NSX GT3。ここから上位を目指してのレース展開が期待されます。

前日の予選では晴れていた富士スピードウェイですが、決勝レースが近づいてくるとどうも雲行きが怪しい。グリッドウォーク中には雨もパラついてきてレースコントロールではウェット宣言も提示されています。

このまま雨が降り続くのか、それともすぐ止むのか?タイヤチョイスに悩むところ。すぐに止むならスリックのまま、降り続くならレインタイヤに履き替える。タイヤ変更が許さ得れるギリギリの時間までグリッド上でミーティングが行われています。

スタートドライバーは大津弘樹選手。前回の開幕戦岡山ではドライバーチェンジをする前にレースが中止となってしまい決勝でドライブすることは叶わなかった大津選手ですが、実はセパンや岡山のテストではウェットコンディションをかなり長い時間走り込んでいるので雨のレースでは大きな期待が寄せられています。

14時30分、通常行われるパレードラップやフォーメーションラプを省略しセーフティーカーによる先導で切られたスタート。この時はModulo KENWOOD NSX GT3も含め全車レインタイヤを選択しています。

このウェットコンディションで大津選手は期待通りの走りを見せてくれます。8番手スタートから2周で1台というはハイペースで次々と前走車を追い抜き、13周目でセーフティーカーが入る頃には3位にまで浮上。ここまでの走りは「ウェットの大津」との異名をつけても良さそうな勢いで、観衆を沸かせていました。

そのセーフティーカー導入中にGT300のライバルがスピンするなど一時的に雨が激しくなり、また雷も激しさを増すということで赤旗提示でレースが中断されます。

中断から20分ほどで雨は止みレース再開となりますが路面はまだウェット。しかし乾き始めてきた路面にタイヤが合わずModulo KENWOOD NSX GT3はポジションをズルズルと後退させていきます。ここでイレギュラーなピットイン。しかし路面はまで濡れているということでレインタイヤにもう一度履き替えてしまいます。

その後5周ほどで路面のレコードラインはほぼドライコンディション。次のピットインではスリックに交換しドライバーチェンジも行います。つまり先のタイヤ交換でピット一回分を損してしまったということになります。

この時の様子を大津選手は「タイヤが頼りなくなってきてARTA NSX GT3などに抜かれ始めてきてこれはまずいと思いました。でもあとから考えれば抜いていったのはすべてBS勢で、実はヨコハマ勢としてはトップにいたのに誤った判断をしてしまいました。あと5周我慢できれば状況は変わったと思います」と語ります。

しかしウェットコンディションの中で魅せた大津選手の走りは観衆を沸かせていたことは事実。雨での強さは十分に伝わったのではないでしょうか?

スリックタイヤとなったModulo KENWOOD NSX GT3は20位以下まで順位を落としますが、ベテラン道上龍選手のドライブで順位を上げていき16位まで上がったところで最終スティントを再び大津選手に託します。

下位に沈んでしまったとはいえ大津選手も諦めずに攻め込んでいき1分39秒台でコンスタントにラップを重ねていきます。

そんな快調に見えたModulo KENWOOD NSX GT3が突然のシフトチェンジができなくなるというトラブルで緊急ピットイン。

NSX GT3のシフトチェンジ機構は圧縮空気で制御するとのことですが、その圧縮空気が漏れてしまったためシフトチェンジが出来なくなってしまったとのこと。残り周回数18周では空気漏れの箇所を特定して修復することは不可能ということで86周でリタイア届を提出してしまいます。

ドライバーでありチームオーナーの道上選手は「最初のタイヤ交換の判断ミスで勝負権は失いました。僕らが使うヨコハマタイヤと抜いていったチームが使っていたブリヂストンでは特性が違うということを加味していなかった。実はヨコハマ勢の中では悪いタイムではなかったのであと少し我慢してスリックタイヤでドライバーチェンジするタイミングでピット・インしていれば上位を狙えました」と語ります。そしてリタイアのシフトトラブルについては「通常は壊れる場所ではないですから、しっかりと原因を突き止めて再発防止の対策を講じます」とも語ります。

結果はリタイアですが規定周回数に達していたことからリザルトでは26位完走、チームポイントに1点が加算されます。

次戦鈴鹿に向けて大津選手は「僕が距離も時間も一番走り込んでいるサーキットなのでいい結果が出せるようがんばります」と語っっています。その次戦、第3戦「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUZUKA GT 300km RACE」は5月25、26日に鈴鹿サーキットで開催です。

(写真:吉見幸夫、松永和浩 文:松永和浩)

『モータースポーツ』の最新記事

鈴鹿10Hハッキネン04
現地から速報! 元F1ワールドチャンピオン、ミカ・ハッキネン選手が鈴鹿サーキットに降臨!!【SUZUKA 10H 2019】
並木さんと井出選手
「永遠のレース小僧・井出有治」が新チーム立ち上げをサポート、まずはポルシェPSCJ参戦でレース界に新風を!【PSCJ Rd.9 8/24鈴鹿】
平川優勝を歓ぶレースクイーン
ITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮が初優勝! その時ピットでは?【スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ】
フォーミュラ・ニッサン井出号
スペインでクラッシュした井出有治、女性救命士から受けたセクハラ事件とは!?&ポルシェ初レース(8/24鈴鹿)の応援ヨロシク!【井出有治の忘れ難い話】
サッシャ01
全日本F3選手権「最後のチャンピオン」が決定! サッシャ選手がタイトル奪取【スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事