ドアとボディの間の隙間はトヨタ最小の3.5mm【トヨタ・センチュリー工場に潜入④〜ボデー工程】

「トヨタ・センチュリーができるまで」の一部を垣間見ることができた今回の取材では「プレス工程」の後に「ボデー工程」に移ります。

取材向けにピックアップされたのは、取り付けたドアの微調整で、前後ドアのキャラクターラインをピタリと合わせる熟練技をクラフトマンが披露してくれました。こうしたズレをチェックするのは、職人の目視で、長年の経験が必要。

前後ドアを横に貫くキャラクターライン、新型センチュリーでは特徴である「几帳面」がズレているようでは高級車を名乗る資格はないでしょう。まして、トヨタ・センチュリーであればなおさら。

ドアを取り付ける時点では、ドア内部の部品がまだ装着されていませんから、パネルなどの部品と同等のウェイト(約15kgの重り)を付けてドアを装着。内装材の重さを見越して、前後ドアは少し段差が付けられて取り付けられます。

ちなみに、ドアの装着時の公差は0.2mmだそう。間違いなく世界トップクラスの精度で取り付けられています。

また、ボディとドアの間、ボディとボンネットの間には、チリと呼ばれる隙間が必要で、これがないとドアやボンネット、トランクフードやテールゲートの開閉ができなくなります。しかし、この隙間が大きいと美しく見えず、塗装の質感などともに、安価なクルマと高級車との見た目の大きな差につながるわけです。

センチュリーのボディとドアの隙間は3.5mmで、トヨタ車で最小。これ以上、隙間をつめると開閉時にドアなどとボディが干渉してしまうそうです。

(文/塚田勝弘 写真/水野孔男、塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタが研究中の『本人も気付かぬ眠気』を検知する「覚醒度推定」システムが安全を生む理由とは?【人とくるまのテクノロジー展2019横浜】
蛍光灯と人工太陽灯を使って最後の念押し【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑥〜検査工程】
Cピラーが鏡代わりになるほど磨かれた艶やかな塗装とは?【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑤〜塗装工程】
【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更
匠の手作業で仕上げられる新型センチュリーの「几帳面」【トヨタ・センチュリー工場に潜入③〜プレス工程】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事