【SUPER GT 2019】瀕死から復活したHOPPY 86 MC。それを支えたチーム間の友情秘話

5月3,4日に富士スピードウェイで開催の「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」。

予選2位で決勝に臨んだ25号車HOPPY 86 MC。ニュースペックタイヤをヨコハマと共同開発したなど25号車の話題が多い富士戦でした。

そんな話題の多い中、ひときわ話題になっていたフロントフェンダーの「Thanks! UPGARAGE」のステッカー。

開幕戦岡山の25号車にはこのステッカーは貼られていません。

元々25号車のスポンサーとなっているUP GARAGEなのですが、チームがわざわざ富士戦でもう一箇所にスッテカーを貼るには大きな秘密があったのです。

それは、25号車はこの富士500kmに参戦できるかどうかすらわからない状態だったのです。

開幕戦の岡山の悪夢の豪雨でクラッシュを喫してしまった25号車 HOPPY 86 MC。次戦の富士までに修復を試みますが間に合わないパーツが多数。

そんな状況を知って、UP GARAGEが昨年まで参戦していたUP GARAGE 86 MCを1台まるごと提供してくれたのです。ちなみにUP GARAGEは今シーズンはNSX GT3で参戦しているので86 MCは使用していません。とはいえ、同じGT300クラスのライバルなのですからいわば敵同士。無視しても誰も咎めることはないでしょう。

UP GARAGE 側は元々は同じマザーシャーシを使っていた仲間、ライバルであってもともに戦い抜いた盟友とも言える存在! と思ったのでしょう。このUP GARAGEが提供してくれたマシンを活用することにより富士戦までに修復が間に合い参戦できることとなったのです。

ライバルであってもチーム間には強固な友情が存在します。そのおかげもあって予選2番手というポジションを獲得したのは25号車からの最高の感謝の表現とも言えるのではないでしょうか。

(写真:松永和浩、吉見幸夫 文:松永和浩)

『モータースポーツ』の最新記事
青木拓磨選手
JEVRA第5戦・袖ヶ浦開催。テスラ3が連勝も勝者が入れ替わる
TEAM JAOS 2020
ラリーレイド「アジアクロスカントリーラリー」中止にもめげずチャレンジを続けるJAOSとトーヨータイヤが最新動画を公開!
チーム一同
塚本奈々美、大波乱のスーパー耐久・富士24時間を走る‼
名取鉄平_もてぎ_001
スーパーフォーミュラ挑戦のチャンスを掴んだ名取鉄平選手の挑戦【スーパーフォーミュラ2020】
優勝を喜ぶモリゾウ選手と豊田大輔選手
GRヤリスが早くも伝説に!富士24時間レースでデビューWIN。それもPole to Win【ピレリスーパー耐久シリーズ2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事