平成生まれのクルマに乗ろう!2006年(平成18年)ダイハツソニカ【中古車】

2006年(平成18年)は現在も現行型として販売されているトヨタエスティマをはじめ、2019年に国内販売を終了を発表した三菱パジェロが登場。またカローラスポーツへと進化したとトヨタオーリス、レクサスのフラッグシップモデルLSも登場しました。一方軽自動車ではスバルが自社開発した最後の軽自動車ステラ。そして個性的な三菱iが登場。そのよう中で取り上げるのはダイハツソニカです。

ムーヴやワゴンRなどのハイトワゴン、そしてタントなどのスーパーハイトワゴンが主力を占める軽自動車で、ソニカはスペースオリエンテッドではないロールーフのボディを採用し、高い走行性能と上質さを兼ね備えたモデルです。

搭載するエンジンは660ccの直列3気筒ターボのみで、トランスミッションはCVTを採用。高い静粛性を実現するための工夫やオプションでレーダークルーズコントロールを設定する意欲作でした。

ソニカの中古車の現在の流通台数は約160台。3カ月前は約130台だったので増加傾向となっています。平均価格は3カ月前が約28万円。現在も約28万円とまったくの横這いとなっており底値といえる状態です。平均走行距離も約7.7万kmから3カ月で8.1万kmまで延びています。

ソニカの中古車価格帯は約1.8万円(乗り出し17.8万円)〜約60万円(応談を除く)と幅が広くなっています。中には走行距離1万km以下という物件もあります。グレードは660RSと660RSリミテッドがほぼ同じ台数となっております。

(萩原文博)

『平成リバイバル』の最新記事
平成生まれのクルマに乗ろう!2015年(平成27年)ホンダS660【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2014年(平成26年)トヨタMIRAI【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2013年(平成25年)スズキハスラー【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2012年(平成24年)マツダCX-5【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2011年(平成23年)ホンダN-BOX【中古車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事