平成生まれのクルマに乗ろう!2004年(平成16年)ホンダエディックス【中古車】

2014年(平成16年)は現行型ハイエースをはじめ、約13年販売された5ナンバーサイズミニバンのアイシス、マツダベリーサなどロングセラーモデルが登場しています。また、最高出力300psを発生し、自主規制を突破したホンダレジェンドが登場したのもこの年です。ヒットモデルが出る一方で残念ながら1世代で消えたモデルとして、日産ティーダそして今回取り上げるホンダエディックスもありました。

2014年7月に登場した6人乗りのミニバン、エディックスは3人乗りのシートを2列レイアウトした変わったパッケージングが特徴です。6つのシートはすべて独立していて、リクライニングやスライドが可能です。

搭載されているエンジンは当初は1.7L、2Lともに直列4気筒自然吸気で、2006年に行われたマイナーチェンジで1.7Lが廃止され2.4Lに変更されました。

エディックスの中古車の現在の流通台数は106台。3カ月前は120台だったので減少傾向となっています。平均価格は3カ月前が約26万円でしたが、現在は約29万円とわずかに値上がり傾向となっています。平均走行距離は約8.5万kmから8.7万kmと微増に留まっています。

エディックスの中古車価格帯は約3.8万〜約70万円(応談を除く)と幅広くなっています。最も多いグレードは20X、次いで17Xが続いています。また台数は少ないですが、後期型の2.4L車も流通しています。

(萩原文博)

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!