【週刊クルマのミライ】アメリカンスポーツの歴史が変わる。ニューヨークに次世代コルベットが登場

■一目でミッドシップとわかるシルエット。第8世代コルベットは7月18日に正式発表

アメリカンスポーツカーの代名詞ともいえる「シボレー・コルベット」は、長年フロントに大排気量V8エンジンを搭載するFRスポーツカーとして作られてきましたが、ついにその歴史に別れを告げる日がやってきます。

先日、アメリカ・ニューヨークで大けがをしたファーストレスポンダー(消防士など事故や災害で最初に対応する人)や、その家族をサポートするためのオークションに関する発表がありました。その目玉となるのは、現行モデルである第七世代コルベットの最終生産車ということで、ゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEOが登場したのです。

そんなバーラCEOが乗っていたのが、擬装された新型コルベットでした。

低く短いノーズやキャビンとリアタイヤの間に確認できるスペースなど、そのフォルムは以前からの噂通り、新型コルベットがミッドシップ・レイアウトを採用していることを示しています。テールエンドの処理にはコルベットの伝統を感じさせる部分もありますが、完全に生まれ変わったといっても過言ではありません。

実際、従来のコルベットと比べるとノーズの長さやキャビンの位置がまったく異なることは一目瞭然です(第七世代コルベットの写真は2019年のインディ500ペースカー仕様)。

ミッドシップ・レイアウトのメリットはレーシングカーにも通じる高いコーナリング性能ですが、そこに搭載されるパワートレインもスポーツカーのアイデンティティになります。第8世代コルベットのパワートレインが、アメリカンスポーツカーの記号ともいえる大排気量V8エンジンを守るのか、現代的なダウンサイジングターボや電動化を採用するのかなど、その正式発表までおおいに注目を集めることになりそうです。

なお、新型コルベットの発表日は擬装されたボディのドアに貼られている「07.18.19」という数字からもわかるように、2019年7月18日となっています。その日、アメリカンスポーツカーの歴史が変わるのです。

(山本晋也)

『クルマのミライ』の最新記事
排ガスとスモッグ
新型コロナウイルス対策のロックダウンによりCO2の排出量が大幅減。ハイブリッドカーの普及が加速する理由とは?【週刊クルマのミライ】
MAZDA CX-30
販売台数が前年比9%減のマツダ。付加価値で「稼げる体質」に変身できるか?【週刊クルマのミライ】
YARISCROSS_Ex1
2020年の注目モデル「ヤリスクロス」のライバル! フォルクスワーゲンT-Crossをチェック【週刊クルマのミライ】
事故を起こしそうなバイク
四輪&原付オーナーの味方・ファミリーバイク特約の「ロードサービスなし」が欠点に感じない理由
特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”
2020年販売モデルで47馬力もパワーアップしたスープラ、2019年モデルオーナーは買い替えるべきか?【週刊クルマのミライ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事