【日産・デイズ事前試乗】 登録車なみの性能を発揮するプロパイロット。専用セッティングでデイズに最適化

日産と三菱が共同で作り上げる軽自動車がフルモデルチェンジし2世代目に進化します。正式な発表を前に日産版となるデイズに試乗する機会を得ました。

試乗会場は日産の追浜工場内にあるクローズドコースのグランドライブ。一般的な試乗に続いて運転支援のプロパロットもテストしました。

プロパイロットはハイウェイスター系の上級モデル「ハイウェイスターエディション」に標準、それ以外のハイウェイスターにオプションで装着可能となります。システム的にはセレナと同様に単眼カメラと制御システムで成立しているものです。

開発当初、セレナのものをそのまま装備してみたとのことですが、とても使い物にならずかなりの手間をかけて新たにセッティングを変更したといいいます。しかしハード面での変更はなく、あくまでもセッティング変更によって成立させているとのことでした。

先行車のリーフに続いてコースイン。ステアリングの右スポークに取り付けられたプロパイロットのメインスイッチをオンとした後、セットボタンを押すと追従が開始されます。従来のプロパイロット同様に素直に追従を開始します。基本的には車線内の中心をトレースしていきますが、コーナーリング後などに中心からずれた場合は非常にゆっくりと中心に向かって修正していきます。

追従時の加速感はそれほど強くありません。あまり急激に引き離してくれなかったので、大きく車間が開いたときのチェックは次の機会にしたいと思います。路面にワダチがあるようなシチュエーションでもしっかりと追従するのはよくできているという印象です。

先行車が停止した場合は当然デイズも停止します。その際、条件が揃えばアイドリングもストップします。先行車が発進するとエンジンが再始動。アクセルペダルを軽く踏むか、ステアリング右スポークにあるリジュームのスイッチを操作すれば再発進となり、それまでどおりの走行が継続されます。

プロパイロットについては装着車両が限定されますが、先進安全機構については基本的に全車が標準装備となります。

装備される安全機構はインテリジェント・エマージェンシーブレーキ、車線逸脱傾向、踏み間違追突防止アシスト、エマージェンシーストップシグナル、フロント&バックソナー、車線逸脱防止支援システムなどです。

このなかで、インテリジェント・エマージェンシーブレーキは人間も感知、踏み間違追突防止アシストはエンジンの出力制御だけでなくブレーキも作動します。また全グレードでオプションとなりますが、SOSコールも装備されました。SOSコールはエアバッグ展開時などには自動的に通報されるシステムです。

(文/写真・諸星陽一)

『日産・デイズ』の最新記事

【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る
【日産デイズ/三菱eKワゴン試乗】NA仕様を買うならハイブリッドモデルがオススメ
【日産デイズ試乗】高い静粛性と乗り味が光る、ターボ+ハイブリッド仕様の軽快な走り
【日産デイズ&三菱eKワゴン試乗】兄弟車4モデルでベストチョイス、買うべきグレードは?
【三菱eKクロス試乗】ワクワク感あふれるエクステリアにしっかりした走り
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事