井出有治さん待望メガーヌR.S. カップの6MTは、あえてラフに扱っても感触はマイルドだった!その3【動画】

【エンジンパワー、6MT、シャシーカップのフットワーク…そのすべてのセッティングが絶妙!】

2016〜2017年にかけ、旧モデルのメガーヌ ルノー・スポールのマニュアルを愛車にしていたレーシングドライバー&clicccarテストドライバーの井出有治さん。今回100台限定でリリースされる「メガーヌ ルノー・スポール カップ」(以下R.S. カップ)もマニュアル。井出さんほどR.S. カップのテスターにピッタリなドライバーはいないでしょう!

また2002年、井出さんは「フランスFormula3選手権シリーズ」にSignature(シグネチャー)から参戦、シリーズ7位になった経験があり、フランス車、特にルノーのクルマは渡仏中レンタカーとして乗っていたりと馴染み深いのだそうです。「ルノーの車内に漂うフランス車独自の香りが、フランスF3時代を思い出させてくれるんです」(井出さん)。

その1ではR.S.のおさらいを、その2ではシャシーカップを中心にインプレッション。今回その3ではエンジン、そしてお気に入りポイントでもあるミッション、タイヤなどに付いて聞いてみましょう。当日早朝までは雨…午後の試乗時にようやくハーフウェットとなった千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイにコースイン!

■ボールベアリング式ターボ搭載でレスポンスもアップ

井出さんの元愛車、旧モデルのR.S.は2Lターボ、今回のR.S. カップは1.8Lターボ。200ccダウンサイジングされています。しかし、パワー&トルク的には旧R.S.が265ps/36.7kgm(※井出さんが乗っていたモデルデータ)に対し、R.S. カップは279ps/39.8kgm。ダウンサイジングされてもパワー&トルク的には上がっています。

「排気量の差はあまり感じなかったし、気にもなりませんでした。まぁエンジン型式も変わっているし、コレと比較すると旧型が可哀想! でもね、パワーはこれくらいがちょうどいいです。乗って気持ちいいクルマっていうのはシャシーやエンジンパワー、もちろんタイヤも含めたトータルでのバランスが大切なんです。これ以上パワーがあってもコントロールしにくくなりますからね」(井出さん)。

旧モデルと新モデル、ともにターボエンジンですが、新R.S.からはボールベアリング式ターボ(三菱製)が使用されています。タービンの軸受けをメタルフローからボールベアリングにしたことで「ターボラグは感じられない」という井出さんのインプレッションどおり、高レスポンスが引き出されているのでしょう。

■シフトチェンジもスムーズ! やっぱりボクはマニュアル派!(井出有治)

井出さん、何が気になってR.S. カップに試乗したかったのか?というと、2018年にリリースされた現行メガーヌR.S.で初のマニュアルだから、というのが一番の理由です。

「6MTのフィールですけど、旧モデルに比べクラッチを切って2速から3速に入れるとき、若干R.S. カップのほうがマイルドな感じになっていました。そこの部分だけで言うと、サーキットでの尖った感じというよりも乗り心地、扱いやすさ…そういうところも考えてセッティングしたのかな?って思いました。ミッション自体はギヤ比を旧モデルから少々変えた以外は変更していないとのことですが、シフトをわざとラフにバーンとつないでみても、旧モデルよりもスムーズでしたね。そのへんは各パーツのセッティングで改善されているのでしょう」(井出さん)。

ミッションのフィーリング、これもルノーのコンセプト「乗りやすいスポーツカー・セッティング」のひとつなのでしょう。

「シフトアップしてクラッチをドン!とつないだとき、旧モデルはじゃじゃ馬感があってステアリングが多少もっていかれるような、そんな傾向もあったんですけれど、今回のR.S. カップはそれもなく、結構ラフにつないでも変速ショックなどもなかったです。ラフに乗ってもクルマがキチンとそういうところを吸収して、心地よい走りを感じさせてくれるクルマにしているのでしょうね」(井出さん)。

井出さん、本当にお気に入りのようでメインストレート3本のみの試乗では物足りないようです!

しかし、ここはちょっと…という不満なトコロはないのでしょうか?

「あえてネガティブなことを探してみると、ミッションをつないだ時の感じはいいんですけど、ゲートに入るところはもうちょっと分かりやすいほうがいいかな? 例えば2→3速の場合。レバーがバネによりHパターンの真中に戻って、そこから3速に押す…。ここのところがもうちょっとシャープにゲートに入る方がボクは好みです。手のフィーリングだけだとほんのちょっと分かりにくいかなぁ〜。もちろん、シフトミスするようなレベルじゃないですけどね」(井出さん)。

「そうそう! マルチセンス(走行モード)をレースにするとレブポイント=シフトアップポイントが上がったんです。何回転上がっているのか数字を見ようと思ったんですけど、レースモードはメーター部分がレーシングカーみたいなバー表示になるので数字が出ない! 多分、300rpmくらい上がっているんじゃないかな?」(井出さん)

試乗後、スタッフの方に確認したところ…ちょっと言葉を濁しながらも「数百回転上げてます」って! 多分、300rpmくらいでしょう!!

【新・旧MTギヤ比 比較】 ※旧モデルデータは、井出さんの所有されていた型と同じ2014年リリース時のものです。

『ルノー』の最新記事
新型ルノー・ルーテシアが2020年10月に日本発売。ハイブリッドの日本導入はある!?
ルノー トゥインゴに、パリの夏空の飛行機雲をイメージした限定車が登場【新車】
ブラックバンパーが目を惹く定番モデル「ルノー カングー クルール」が登場【新車】
ルノー トゥインゴ
100台限定車「ルノー トゥインゴ ブリヤント」はデジタルミラーを特別装備したお買い得モデル
ルノー トゥインゴ
ルノー トゥインゴ、リヤカメラ標準化で安全性アップ!ボディカラーは5色を設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事