「メガーヌR.S. カップ」はしなやかかつ軽やかなのに、スポーティ度はアップ!? これがルノー流スポーツカーの作り方(その2)

【ジャジャ馬が軽やかなパリジェンヌになった!?】

かつて旧型「メガーヌR.S.」のマニュアル車をマイカーにしていたことがあるという、レーシングドライバー&clicccarテストドライバーの井出有治さん。「新型R.S.のMT仕様が気になって気になって!」ということで試乗した「メガーヌ・ルノー・スポール カップ」(以下、メガーヌR.S. カップ)。前回のその1では「メガーヌR.S.カップ」のベースとなった歴代のR.S.について、再確認してみました。その2からは本格的に、R.S. カップの井出有治さんインプレッションをお届けします。

●誰でもが乗りこなせる最強FFスポーツ車

「とにかくビックリしたのは、物凄く軽やかだっていうことです!」(井出さん)

井出さんが千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで「メガーヌR.S. カップ」に試乗し、ピットイン後の第一声は「軽い!」でした。

「その軽さっていうのは、FFだからリヤが軽くて…というのとは全く違い、クルマ自体のフットワークが軽いという意味です。旧型と比べて重心も車重も上げているとのことですが、ウソでしょ!?って感じ。ボクが乗っていた旧R.S.(MT)の車重は1430kg、今回のRS. カップは1460kg…ウン確かに重くなっていますよね。でも、その重さが全然感じられないんです」(井出さん)。

井出さんが乗っていた旧R.S.は「ちょっと重さを感じるジャジャ馬!」だったとのこと。そのフットワークの軽さはどこからきているのでしょうか?

●「バイマテリアル・フロントブレーキローター」は1コにつき1.8kgの軽量化

「フットワークの軽さが感じられるというのは、新型R.S.カップのフロントブレーキに使われている鋳鉄製ベンチレーテッドディスク+アルミ製ハブの『バイマテリアル・フロントブレーキローター』のおかげもあるようです。1コあたり1.8kgも軽量化(対現行メガーヌR.S.)されていますからね」(井出さん)。

バネ下重量の軽量化はレーシングカーでもチューニングカーでも、もちろんメーカーのクルマでもフットワークを好レスポンスにする手法です。

「このブレーキですけど、重量が軽いだけではなくタッチもイイ感じでした。ストッピングパワーも十分にあるし、またコントロールもしやすかったです。大体、普通のスポーツカーでこの路面コンディション(ハーフウェット)の中、サーキットを3ラップもすればタッチが悪くなってくるんですけど、R.S.カップはコンスタントでタッチの変化はなし。たまにブレーキテストとして強く踏んでみましたけど、それでもフィーリングは良かったですね!」(井出さん)

「それと、試乗後に聞いた話、レースモードだとブレーキバランスも変えているそうなんです。ブレーキバランスがリヤ寄りになることで、FF車のため確かにブレーキコントロールはシビアにはなるんです。でも、ブレーキングからターンインでのクルマの向きが変わりやすくなります。今回の試乗ではレースモードだとレブポイントが若干、上がることに気が付いたことで(※詳しくは次回その3でレポートします!)、レブも変わって速度が上がったのか、自分が周回ごとに攻めているからか…。確かにブレーキバランスの何かが変化したな…とは感じましたが、路面がハーフウエットだったこともあり、もう一度完全ドライコンディションで試乗して再確認したいです!」(井出さん)

『ルノー』の最新記事

【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表
【新車】ルノー カングーに定番モデルの「クルール」が200台限定で登場。爽やかなカラーが魅力
ルノー カングー クルールが200台限定で発売。美人アーティストのイラストで彩られたアート車も注目 
ルノー・ジャポンと「le coq sportif」のコラボレーションでスペシャルなカングーが登場
ルノーとFCAが経営統合を見据えた提携交渉をスタートか?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事