平成最後の今だから、昭和後期のゼロヨン模様。トラスト、JUNのタイムは? その5【OPTION 1986年1月号より】

これが585ps、309.27km/hソアラのストリート・ゼロヨンタイムだ!
<トラスト・ソアラ ツインターボ> 5M-G改ツインターボ/13秒27

●これが普段の実力です

ドライバー:大川 光一

みんなのタイム見てから走るんだ! だってこのソアラ、ドラッグマシンじゃないんだよ。リヤタイヤ見てよ(コンプT/A60V)。ゆっくり普通にスタート。シフトアップもタコメーターの光が全部点いてから。あんまり踏めないから直進性もグーよ。

●メカニズムチェック

トラストは309.27km/hをマークした最高速用ソアラで参加。外観はフロントに純正スポイラー、リヤにボルク製の控えめなスポイラーが付いているくらいだ。またタイヤもドラッグ用などは履かず、コンプT/Aのラジアルタイヤ。室内も本革製のシート、エアコン、コンポなど軽量化は一切なし。

しかしエンジンは最高速用に作られた5M-G改ツインターボエンジンが収まっている。ピストンはアリアス製鍛造ローコンプでボア・ストロークは83×85mm。総排気量は2759cc。トラスト・オリジナルのカムシャフトとビッグバルブなどが組み込まれている。

タービンはTD06をツイン装備。これにオリジナルの大容量ウエイストゲート、排気効率の高いステンレス製エキゾーストマニホールドが装着される。キャブレーションはインジェクション仕様で補助インジェクターは3本。アクセル開度やエンジン回転数、ブースト圧などによって増量されていくシステムになっている。インタークーラーはトラスト製大型タイプ、オイルクーラーもオリジナル品だ。

サスペンションは安定性などについて定評のあるトラスト・サスペンションキットを組み込んである。最高出力はベンチテストで585ps/7500rpmと強力だ。

オーバー500psのあり余るパワー! プロペラシャフトが耐えられず、無念!!
<JUN・Z> 3.4Lツインターボ/13秒53

●とにかく残念!の一言です

ドライバー:小山 進

エンジンパワーが上がって、ホイールスピンしちゃうんでタイヤを太くしたんですけど、そしたら駆動系がね。プロペラシャフト2本折っちゃって、最後は解体屋から買ってきたヤツ使ったんだけどね。怖くてパワーがかけられないんでブーストも最低、スタートなんか1000rpmでしたよ。最後にブースト上げて1発狙ったらボキン!だもんね。

●メカニズムチェック

ボディはS30Zだが、フレームはすべてパイプで組まれ、カウルもオールFRP。エンジンがドラッグ用3.4Lツインターボと強力なため、ボディにもすべて手直しが加えられている。このエンジンはオリジナルの90mmのストロークを持つクランクシャフトを使用し、ボア・ストロークは89×90mm。ヘッドはポート、燃焼室にも手が加えられ、作用角296度のオリジナルカムシャフト、IN46、EX38.5φのビッグバルブが組み込まれている。圧縮比は8.2だ。

タービンはKKK製K26をツインで装備。インペラーハウジングは26・Gタイプ。エキソーズトハウジングは10番を使用。キャブレーションはOER50φでオリジナルのチャンバーが付く。追加インジェクターは180cc/分容量のものが6本追加されている。

インタークーラーは空冷オリジナル、オイルクーラーはウェットサンプからドライサンプに変更。油圧の抵抗を低減している。パワーバンドは4000~8000rpmでレブリミットは8000rpm。最大過給圧は1.5kg/cm2で最高出力500ps以上を発揮する。

『Play Back The OPTION』の最新記事

クラッシュした300ZX
我が軍団、玉砕す! OPT300ZX、富士耐久レース3戦目…フォーメーションラップで散る!その2【OPTION 1986年2月号より】
クラッシュした300ZX
嗚呼悲劇。やっちまったゼ、ターザン山田! OPT300ZX、FISCOに壊滅す…その1【OPTION 1986年2月号より】
「トラスト・スーパー7Mソアラ」は、マフラー交換のみで凄い記録が出た!・その3【OPTION 1986年7月号より】
伝説の「大川ソアラ」&「ABR-Z」が昭和60年最新タイヤを最高速で試してみた!【OPTION 1985年12月号より】
「トラスト・スーパー7Mソアラ」のチューニングメニューが決定! その中身は?・その2【OPTION 1986年7月号より】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事