イタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2019」にLEXUSが出展

●レクサスの思想「テクノロジーは人のためにデザインしてこそその価値が生まれる」

トヨタ自動車は、4月8日~14日にイタリアで開催される世界最大のデザインイベント・ミラノデザインウィーク2019において「LEXUS DESIGN EVENT 2019 – LEADING WITH LIGHT」を開催すると発表しました。

「テクノロジーは人のためにデザインしてこそその価値が生まれる」というLEXUSの思想 「Human-Centered」(人間中心)デザインを光のメディアアートで表現するそうで、デザイン、アート、エンターテインメントの領域で活動するアーティスト集団Rhizomatiksがコラボレーションデザイナーとして参画。

無数の光線に包まれた空間で、人間の動きに呼応して自由自在に動くロボットが作り出すインスタレーションとなっており、テクノロジーがよりよい未来へと来場者を誘い、 「Human-Centered」の思想がもたらすテクノロジーの限りない可能性を表現。会場内では、LEXUS DESIGN AWARD 2019のファイナリスト6名によるプロトタイプ作品を展示するそうです。

Avanti Yasunori・画像:LEXUS)

【関連記事】

米JD POWER自動車耐久品質調査で「レクサス」が8年連続首位を獲得
https://clicccar.com/2019/02/20/704552/

『LEXUS』の最新記事

レクサス・LXをさらに豪華に。北米専用の「スポーツパッケージ」が発売
レクサスが2019年上半期の全世界販売実績を発表。上半期過去最高の販売実績を記録
LEXUSが今年も陸と空で共演!室屋義秀選手が富士でフライトパフォーマンスを披露【SUPER GT 2019】
【レクサス・NX試乗】レクサスらしさが伝わるミドルクラスSUV
【新車】レクサスLCコンバーチブルの市販化が決定。ライバルはBMW 8シリーズ・カブリオレ?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事